Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 23日

弁慶橋ボートハウス

赤坂プリンスをチェックアウト後、客室の窓から真下に見える桟橋、以前から気にはなっていたが訪れたことのなかったボート小屋に行ってみる。
f0206739_039180.jpg

都心の真ん中に緑豊かな水辺を有する江戸城外堀の一部である弁慶堀。弁慶橋のたもとになんとも味わい深いボート小屋と桟橋がひっそりと佇んでいる。水の出入りがほとんど無いため、水面は藻で覆われてしまっており、かえって水の持つ生命力、自然の力というものを強く感じる。
f0206739_0401094.jpg

桟橋に降りてゆくと周辺の地盤より3mほど下がり、街を下から見上げるポジションとなった。水面が近づくと気温が下がり水の匂いを感じ、街の喧騒も若干だが遠ざかる。都市河川を船で航行するときにいつも感じている異界感が少し立ち居地が下がるだけで得ることが出来る。
f0206739_0411013.jpg

すでに小学生の先客達がボートを出しており、ルアーフィッシングに昂じている。どうやらブラックバスがいるようだ。都心のど真ん中にも野生は確に生息しているのだ。

とてもステキな朽ち方をした桟橋から家族とボートを漕ぎ出すとなんともいえない浮遊感に包まれた。水面から見上げる見慣れた光景。なんとも新鮮な感覚を得ることができた。娘は初めて乗るボートに興奮気味である。自分にも漕がせろとうるさいので、指導してオールを預けた。ふらふらしながらも船は進む
僕も手こぎボートなんか乗るのは何年ぶりだろう。
f0206739_0434272.jpg
f0206739_0435739.jpg


ボートハウスは意外にも若い方が管理していた。ゆったりとした時の流れるボート小屋の管理人ってちょっとあこがれる。
ここもちょっと手を加えればステキな水辺カフェが出来ると思うのだが、今みたいな穴場になっているのもまた魅力的である
身近に隠れたヒーリングスポットとしてお勧めである。施設HPはこちら
f0206739_0443493.jpg

[PR]

by canalscape | 2011-05-23 00:47 | 船溜り・船小屋


<< Canal Café 外濠とボ...      さよなら赤プリ >>