Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 20日

三井倉庫の行く末

f0206739_23185187.jpg

今週はこの地区のランドマークで路上探索派には有名な
三井倉庫について一言。改めて言うまでもなくこの形状、このテースト、とてもとてもかっこいいのです。こんなデザイン新築で真似しようたってできません。相当老朽化が激しそうですが、いまだ現役。しかし周辺の再開発状況を見ていると、近いうちにマンションデベに売られそうな雰囲気ですよね。個人的にはたとえ周辺がタワーマンションが林立しても、近代化遺産としてしっかり保存活用してもらいたい建築No.1です。横浜市創造都市事業本部様よろしくお願いします!
このエリアの再開発構想のコアになるべき施設だと思いますが。
耐震補強して、しっかりリノベーションかけて、クリエイティブなソフトをぶち込めば、相当行けてるスポットになると確信しております。
もちろんSOKOの前にはバージ船を改装した水上ラウンジを係留させましょう。そんなときはぜひ私供BOAT PEOPLE Associationに協力させて頂きたい(笑)

f0206739_23192639.jpg横浜市創造都市事業本部って、過去に老朽化した倉庫を買い取りまたは大家から借受、リノベーションし、NPOに運営させたりして、クリエイティブスポットをプロデュースしたりもしている部署です。ちょっとエリアが飛びますが、ご存知の方も多いかと思いますが、この写真は日本郵船の使用していた倉庫を市が借り受け改装し、現代ARTの実験的なスペースとしてNPOに運営させている、Bank ART studio NYKです。郵船さんに借りている倉庫なので2年後?契約更新後はどうなるかわからないそうですが、ぜひずっと残ってほしい近代化遺産ですよね。トリエンナーレ対応で現在耐震補強も含んだ改装中ですが、特に1階と3階はすばらしい空間となっていました。目の前の護岸と水面も抜群にすばらしい。昔は郵船プールといって、はしけ溜りとなっていたそうです。もっと積極的にこの水面使えばいいのにといつも思っております。アイデアはBPAにていくらでも提供いたします。

f0206739_23195334.jpgこちらは同じく郵船プールに面した万国橋SOKO。これも横浜市が商船三井から買ったか借り受けたかで、耐震改修し、情報発信型のオフィスとして貸しています。1階には服飾専門学校で有名なバンタンデザインが。2階もデザイン会社。3階は濱を代表する建築家、山本理顕のオフィスが入っています。
ある横浜の若手建築家が、耐震改修なんかすると初期投資が大きくなりすぎてしまい、若いクリエーター達が払える家賃設定ができなくなると言っていました。しかしながら市のプロデュースした物件で、現在の基準法を満たさない耐震荷重しかないとなると、これはこれでとても難しい話になるわけで。いやーいろいろありますよね。
その他、取り壊しが決まってしまった帝蚕倉庫の北仲ホワイトなど
期間限定で耐震改修なしで貸し出されていた物件もありました。
やはり、所有者が民間の場合再開発すれば今の床面積の数倍を保有できるわけですから。そんななかで、これだけのことを実現させてる横浜市ってすごいなと思います
[PR]

by canalscape | 2008-01-20 03:08 | LOFT・建築


<< LOBとコットンハーバー      横浜ノースピア >>