Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 06日

「船→建築 ル・コルビュジェがめざしたもの」を見た

f0206739_22212680.jpg久々blog更新。すでに若干古い話だがまだまだ開催中なのでご紹介。
去年の年末に横浜の日本郵船歴史博物館で開催されている「船→建築 ル・コルビュジェがめざしたもの」を見に行ってきた。船好き、建築好きにとっては何が何でも見逃せない。建築評論家 五十嵐太郎さんの監修で、あの日本郵船旧本社を転用した歴史博物館での開催。

本展では客船のデザインが、建築の合理性を提唱した近代建築のプランやデザインに与えた影響を丹念に探り出しフューチャーしている。コルビュジェだけでなく、山田守などの日本を代表する近代建築家への影響も述べられており大変説得力のあるものであった。建築は意匠がある程度自由に選択できるゆえに純粋に航行する船としての機能とバランスの必然性の結果である客船様式に既存の建築様式から飛躍するよりどころを求めたのは自然な成り行きであるように思う。
一部ややこじつけ的な比較もあったが、屋上デッキ、煙突、白い塗層、窓、手すり、タラップなど建築ボキャブラリーごとに比較分析されているところがしびれますね。なんだか大山顕さんの「団地の見究」の分析みたいだ。団地もインフラとしての合理性がベースにあるからかどことなく船っぽいんだよね。ボリュームも横長板状であることや白い塗装であることも要因かな?

どうでもよい話だが、思い起こすと僕も初めてのプラモ体験はタミヤの戦艦陸奥、夏休みの工作は木工でノルマンディーもどきを作ってたっけな。娘がプラモを作ってみたいというので買ってやったのも偶然にも日本郵船 新田丸だ。氷川丸の姉妹船ですごく素敵なシルエット。
建築設計を職業に選んだことと子供の頃の船への憧れはとてもダイレクトに繋がっているのだと改めて認識した。そういえば昔の戦艦と工場って萌えポイント近くないですか?今の自分の趣向と子供の頃の趣向はあまり違っていないようだな。


さて、渡り廊下を通過して奥の展示室に行くと壁紙がセイムスケールの船の立面図で埋め尽くされているすごい展示室がある。船好きはこの壁紙見てるだけで30分は楽しめる。
f0206739_22291692.jpg

そしてコンクリート船を転用した救世軍宿泊所の貴重な映像記録が。恥ずかしながらコルビュジェが船の影響を受けていたのは知っていたが、こんなことやっていたとは知りませんでしたね。だいたいコンクリートで船ってすごいね。軽量コンクリートなんてなかった時代でしょ。ちゃんと浮くんだな、しかも90年もだぜ!

セーヌ川はバトファーというエリアに水上ヴィレッジがあり、クラブやギャラリー、事務所、カフェなどに使われており水上空間の文化が根付いているようですね。うらやましい。

横浜や東京にも戦後の住宅不足時には艀が住宅に使われていたようです。特に艀業に従事していた人々は家族で艀の船首または後尾の4.5帖ほどの船室に住み暮らしていたそうだ。
艀住まいの子供たちは家が常に移動しているという特殊な住環境のため普通の学校には通えず、水上学校というところに通ったそうだ。当時の水上生活者の様子は「水上学校の昭和史」に詳しく書かれています。今でも横浜の中村川には2隻の600tバージが住居として現役稼働している。
一隻は完全な住居、もう一隻は簡易宿泊所でその名も「北斗星」。豪華寝台特急北斗星とは対照的なスペースだな。当然日本では既得権によって黙認されているだけで、新規の設置はあり得ません。

そんなことに思いを巡らしながら気が付いたら閉館時間に。完全に意識がトリップしてしまった企画展でした。常設展も船好き港湾好きには見ごたえ十分。山下公園に係留されている氷川丸の内覧チケットパックもあるので、その気になれば軽く半日楽しめますね。こちらは建築ボキャブラリーであるアールデコを内装に取り入れた客船氷川丸。とても素敵な船です。
[PR]

# by canalscape | 2011-02-06 22:53 | 書籍・映画・イベント
2010年 12月 30日

Life on board 2010 を振り返って

年の瀬もいよいよ押し迫り、ご多忙のことと存じます。
皆様お元気でお過ごしでしょうか?
今年は多岐にわたっていろいろお世話になりました。

思い起こせば、2月のTYハーバー水上ラウンジでのアートシンポジウムに始まり、江戸の水迷宮クルーズBO菜などの東京アートポイントとの共催企画を実施(H21年度まで)。夏には映像作家 野田真外さん、大山顕さんとの共同企画「東京静脈」クルーズ。秋は恒例の関内外OPENでのYOKOHAMA Canal Cruise。それに今年で最後のCET10でのナイトクルーズ開催、羽田D滑走路と京浜運河クルーズと随分多岐にわたる企画をさせていただき、例年にない数の企画数に我ながら驚いております。また毎回新しい発見やハードル、出会いがあり主催してる僕らも大変勉強になりました。
参加いただけた皆様はとても協力的な方々ばかりでしたのでトラブルも事故もなく今年一年を締めくくることが出来そうです。心からお礼申し上げます。
それから、BO菜イベントなど大掛かりなイベントに協力いただいた皆様にも大変感謝しております。

そんな数々のイベントで出会った皆様のおかげで、いくつかのメディアでこれら水辺の活動を紹介いただいております。挨拶がてらのご報告で恐縮ですが、BPAが紹介もしくは一部寄稿させていただいているメディアの紹介をさせてください。

1)東京の水路をテーマにしたMOOK本「水路をゆく」が12/17に出版されています。BPAクルーズに毎度参加いただき、ご自身でもクルーズ企画をされているイカロス出版 大野さんの企画です。本物の河川・水路・運河好きが企画したMOOK本ですので大変レアな情報が満載されています。BPAの活動紹介の他、BPA山崎にて水辺のグラビア写真と解説をいれさせていただきました。

2)ワンダーJAPAN TV #13 「首都水路探検」にてBPA山崎にて一部ナビゲートさせていただいています。「東京静脈」の野田真外さんがディレクションされています。DVDにもなるようです。

3)また、当日の撮影時探索した水路クルーズドキュメントがワンダーJAPAN⑰(12/17発売)でも特別企画「東京静脈漂流」として掲載されています。

4)KAZI 5月号 NEWS & TOPICS
船乗りにとっては最も格式のある老舗雑誌KAZIにて、ボートピープル・アソシエイションが案内する水網都市「江戸」の遺構巡り、これからの水辺との付き合い方を考えるというタイトルでLIFE ON BOARD 「江戸の水迷宮」クルーズが紹介され、BPA井出が取材対応しています。

5)出版は3年も前なのですが、東京大学大学院の大野研究室(アーバンデザイン)を中心に企画された「シュリンキング・ニッポン」縮小する都市の未来戦略 にもBPA(岩本、墨屋)にて一部寄稿しています。昨今いよいよ誰もが身近な問題となってきているテーマですので、あえてこの時期に再度紹介させていただきました。

6)TVK NEWSハーバーでも、横浜の運河をリサーチするクルーズ企画
YOKOHAMA Canal Cruise 2010を「横浜水上さんぽ」と題して特集いただきました。特に現在全く存在を忘れられている帷子川のクルーズを中心に取材いただき、貴重な川映像だったと思います。生放送でBPA山崎が解説させていただきました。 

7)大人気WEBマガジン デイリーポータルZにて。毎度参加いただいている大山顕さんに独特の視点でBPAクルーズについて詳細にレポートいただいており、都市河川クルーズの新たな価値を広げていただきました。この記事に刺激され参加された方が数多くいらっしゃるのではないかと思います
● 「夜の都市河川クルーズはちょうすてき!」
「東京、サイテーの橋」 
「くぐれ!たいやきくん」 
「川から愛でる高速道路の裏側」 
「すてきな水辺のごちゃごちゃ建築」 

その他、WEBマガジン、参加者blog、参加者撮影スチール、YouTube、マイナー誌、新聞などでも取り上げていただき、とても紹介しきれないのですが、この場を借りてお礼申し上げます。

そのほかにも、やや内輪ネタですがBPAにて2005年から所有していたバージ船 LOB13号の廃船。年度末3月の突然の出来事でした。BPA山口と大山総裁が廃棄場まで見送ってくれたんだったな。
それから、船好きの皆さんの企画に個人的に参加したり。東京大学大学院 羽藤研の横浜でのワークショップに協力したり・・・。こうして見ると本当にいろんな事があった船三昧の一年でした。

何かと配慮・挨拶が行き届かなかった場面も多かったとは思いますが、とにかく無事故であったことを嬉しく思います。これも皆様の協力あっての事と思います。
ぜひ来年も皆様との新たなLIFE ON BOARDを共有出来ることを楽しみにしております。よろしくお願いします。よいお年を!

それから余談ですが、会社の仕事で神田川に面した大きなテラスを持ったホテルを設計出来たこと。
趣味と仕事が融合した奇跡的な出来事だった。大企業にいるとこんな事はそうそうあるものでは無い
。お施主さんはもちろんのこと、上司やプロジェクトの関係者に心から感謝している。月刊「近代建築」10月号に掲載されました。

そして最高に嬉しかったのはイベントに参加してくれた皆さんと、テラスと船で撮影合戦出来た時かな。来年もこれに負けない良い年にしたい。

いやいや家族にもお礼書いとかないとな。たまにチェックされてるんで。
もちろん感謝してますよ。休日自由にさせていただきすいませんでした。
やはり年賀状は家族写真にするべきだったかな。
冗談はさておき、みんな健康で何よりだ。頭上がんないです。よいお年を。
[PR]

# by canalscape | 2010-12-30 03:01 | 報告・挨拶
2010年 12月 10日

残念な浮桟橋

最近BPAのクルーズに参加いただいた方がご自身でクルーズ企画を主催するケースが何件もでてきた。近づきがたい都市の水辺が実はかなり自由に航行できるし、協力いただける船会社さんもたくさんあることに気づいたからだ。僕らがこのような企画型クルーズを始めた2007年頃は、ごく一部の船会社にしか対応いただけず、また参加者もなかなか集まらなかったのだが、この3年間でずいぶん状況が変わってきた。今は都市河川クルーズバブルといってもいいくらい人が集まり、BPAクルーズの類似企画も見られるようになった。そんな中自分たちで企画してみたくなるのは当然の成り行きであり、僕らの価値観が共有されはじめたということだと思う。そんな企画のひとつに、興味深い出来事があったので記録しておく。

新宿区O地区青少年育成委員会主催による日本橋川E-BOATツアーを10月24日(日)に常盤橋防災船着場にて開催した。
この企画は、BPAのリサーチクルーズに何回かプライベートで参加いただいていたO地区青少年育成委員会の方から、何か船を使った地域交流イベントをやりたいとの相談があったのが切っ掛けであった。この手のイベントは大概地元の桟橋などを使って地元の団体が開催するケースがほとんどなのだが、新宿区は内陸部で運河や可航水路が無いエリアであり、船や水辺を使った企画とは無縁である。地元でない団体が防災船着場を使用してこの手のイベントを開催するのは極めてまれである。今回は、新宿区の予算が使え、区民の交流を目的とした企画であれば新宿区外で開催しても問題ないというもの。
条件は東京の水辺であれば何処で開催しても良い。できればE-BOATを使いたい
親子参加型のイベント。対象人員は100名くらい。というものであった。
僕らは区の団体が他区の水辺と桟橋を使い水上イベントを開催するという稀なケースのためこの機会を有効に使うべく、ある企てを試みた。
それは、わりとコンスタントに使われている中央区の常盤橋防災船着場よりも、立派な浮桟橋があるのに極めて利用率が低い桟橋を使ってみようという提案である。
BOAT PEOPLE Association(BPA)は一般社団法人という非営利団体の法人格を持っているのだが、どこの地域にも所属せず回遊魚のごとく東京・横浜の運河や都市河川をぐるぐると船で回遊している団体(文字通りボートピープル)であるため、一般的な地元の水辺を活性化させるべく結成されているNPOとは大きく性格が異なったグループである。よって、特定の地域との繋がりが弱く地元主催のイベント等には参加することは困難であり、当然地元主催イベント時の開放しか考えられていない防災桟橋の開放時には参加できない状況なのだ。今回のような、区に属した団体が主催するイベントであれば、同じ東京都の区と区の話し合いとなるため解放されるのではないかという期待があったのだ。

まずは、BPAにてターゲットとなる桟橋の洗い出しと1周1時間程度のコースを数案主催者に提案した。その中から、都市の水辺の面白さが凝縮され、無理の無いコースを組めるがE-BOAT航行の実績が少ない芝浦の運河が浮上してきた。芝浦西運河に1年前に出来た浮き桟橋があるのだが、使っているのを芝浦運河祭り以外に見たことがない。ぜひこの機会に使ってあげたらどうかと提案した。
f0206739_1920422.jpg
f0206739_19201767.jpg

水路をボートで航行するには特に許可や届出は必要ないのだが、ボートを下ろしたり参加者の乗り降りのために必要な桟橋の使用許可は桟橋管理者から得なければならない。たいてい連絡先が桟橋の入り口に書いてあるため、そこに書いてある電話番号をお伝えした。そこには田町の商店会の連絡先が記述されていた。
主催者は、まずそこに電話し会長および責任者の方にお会いして企画趣旨をお話したようです。僕も同行したかったのだが、会社勤めのため昼間の活動は無理があり、主催者のみで交渉した。結果いろいろな要因で利用率の低い桟橋を外部の方が有効利用してくれるのであれば歓迎するとのありがたい合意を得ることができたようだった。最大の難関を突破したと。後は必要書類を事務的に提出すれば問題ないだろうと考えていた。
さっそく商店会の方のアドバイスに従い東京海上保安部にイベント時の水域使用許可の申請をし、本企画では水域を占有しない旨の説明を行いイベント開催の許可を得た。これで終わりかと思いきや、桟橋を管理しているのは区ではなく港湾局なので、そこに桟橋の使用許可をもらう必要があるとのこと。不吉な予感です。
案の定、港湾局からは地元主催のイベント以外は開放できないとの返答。地元および保安部の了解はとっているとの説明をしてもダメの一点張りだったようです。聞いた話なので詳細は不明ですが、このような稀な機会を利用して局内で検討するという融通は利かないのですね。残念なことです。ルールというのは状況によって柔軟に対応できなければ硬直化し、高額な施設を造ってもまったく使われない状況を生みます。本来の機能は防災桟橋であり、地元のための施設であっても利用率が低くては身も蓋もないと思うのですが・・・。そんなことより、何か起こったときの管理者責任を少しでも減らすことが最大の関心事となってしまったのでしょう。行政がやらなくてはならないのは使わせない管理をすることではなく、桟橋利用を促進させ防災桟橋の本来の機能を体験してもらい広く周知することのはず。そんな企画をただで開催してくれる団体がたくさんいるのに無碍にしちゃいけませんね。必要なルールは事前の使い方説明と事故が起こったときの対処法とそのネットワーク作りではないでしょうか?
水辺に希望を持っていた方に、いきなりこんな生々しい体験をさせてしまい申し訳ないと思うと同時に、こんな面倒なことをしてまで水辺の体験企画をしたいという主催者の情熱に脱帽です。
そんな経緯があり、さすがに主催者も水上企画を諦めかけていましたが、僕らもお世話になっている、E-BOATを所有するNPO法人 地域交流センターに相談したところ日本橋川の常盤橋防災船着場なら地元なので使えますとの回答をいただき、彼らの庭である日本橋川で無事開催できた。僕らにとっては良く知った場所だが、O地区の皆さんにとっては馴染みのない場所でなかなか面白かったようです。実現してよかったです!
f0206739_19213586.jpg
f0206739_19215020.jpg
f0206739_19221499.jpg
f0206739_19223631.jpg

いろいろありましたが、これに懲りずまた水上企画にチャレンジしてもらいたいものです。
BPAではご自身で企画したい方のお手伝いや楽しいコース紹介、適切な船のご提案もやってますので
お気軽にご相談ください。もちろんお手伝いレベルなので無料です。
[PR]

# by canalscape | 2010-12-10 19:24 | クルーズイベント
2010年 10月 31日

加藤洲十二橋チャータークルーズ

秋をすっとばしてすっかり冷え込んでしまった10月だが、今更ながら夏の思い出を記録しておこう。
2010年8月 川マニア@t_onoさんの企画にて佐原水郷クルーズが開催された。今回は撮影の邪魔にならないよう特別に屋根無しサッパ舟をチャーターし、コースも3時間超にも及ぶ特別コース。見所は、極小 仲江間樋管、仲江間閘門、新横利根閘門、横利根閘門などの閘門三昧のほか、素朴な生活水路とまっ平らな関東平野。加藤州十二橋の親水集落あたりかな。コースマップはこちら。
今年オープンした川の駅 水の郷さわらに集合し、猛暑の晴天下サッパ舟にて出航。利根川から極小仲江間閘門に入り近所のおばちゃんが操作する手動の閘門操作を鑑賞。
f0206739_1111156.jpg

f0206739_1114217.jpg

f0206739_112982.jpg

その後まっすぐで静かな生活水路を航行し加藤州十二橋へ。
f0206739_1123729.jpg

f0206739_1125995.jpg

途中レンギョの襲撃に会い舟にまで60cmほどの大物が飛び込んできた。いや臭いのなんのって、水路は匂わないがレンギョってうわさどおり臭い。さすがの船頭さんも辟易している様子。しかしすごいジャンプ力だ。こんなの初めて。
f0206739_1494984.jpg

f0206739_150116.jpg

レンギョの洗礼を受けた後いよいよ集落内の狭い水路に突入。あやめ祭りの時は土産物屋が並ぶというプラットホームのような水際店舗も健在。
f0206739_1503554.jpg

f0206739_1505087.jpg

去年から何も変わっておらず安心していたが、この水路から利根川に出るのに通過する大好きな加藤州閘門に異常事態。なんとあやめ色に塗り替えられている。これは事件だ!やば景だ!素直で水門らしいグリーンであった水門が薄紫色に塗られてあやめの絵まで描かれているのだ。まったくなんだかなー。素朴な集落と水路が売りのこの航路に水を差す出来事であった。ミニ閘門は工事中のため水路を引返し、サッパ舟のホームポート与田浦観光組合へ向かい休憩。

f0206739_1392943.jpg

f0206739_1295523.jpg


サッパ舟の艇庫を見学。
f0206739_1155822.jpg

f0206739_1162545.jpg

f0206739_1164699.jpg

再度乗船し生活水路を航行し大割閘門を通過し常陸利根川へ。だだっ広くて平坦な関東平野を堪能し、再び新横利根閘門から内水面横利根川に入る。
f0206739_117484.jpg

f0206739_1181145.jpg

この運河沿いは内水面らしく周辺家屋と水面の距離が極めて近く、安易にボートの出し入れが出来るため、レジャーボートが多数陸置きされており独特の水際風景を形成している。バスボートや釣り船からかなり高額なクルーザーまで置いてあるが、東京のオーナーが通っているのだろうと思われる。
f0206739_118527.jpg
f0206739_1192338.jpg
f0206739_120127.jpg

横利根川も終盤に近づくとヘラブナ釣りの木造船が並んでいるのを見られる。パラソルを立て、一人1艘貸切り優雅な水際風景を形成している。ボートがFRPでなく木造船なのがいいですね。これはかなりの景観価値ですね。
f0206739_1204339.jpg


そんな先にレンガと黒々とした鋼板の横利根閘門が現れる。なんとすばらしいランドスケープ。重要文化財に指定されているようだが、日常可動しているのがなんともすばらしい。
f0206739_1211646.jpg

f0206739_1214433.jpg

f0206739_1221013.jpg


閘門を通過した後の横利根水門。閘門に人気が集まりいまいち注目されないのだが、僕はとても威厳があり美しい水門と思うのだがいかがだろう?青い鉄板の色合いなんか最高です。
f0206739_1224355.jpg

炎天下の水郷ツアー。閘門三昧かつ好きものからみるとバラエティーに富んだ水路ツアーであった。
しかし、みんなよく平気だな、サバイバルコンディションだと思うが。

◆関連記事
おなじみ大山総裁のデイリーポータルZ

chart table過去ログ
加藤洲十二橋めぐり 
横利根閘門 
[PR]

# by canalscape | 2010-10-31 01:46 | クルーズイベント
2010年 10月 30日

水上BAR SUNSET2117

夕食に関西ドボクの皆さんの段取りで元遊郭を転用した料亭にて宴会。なべ料理を堪能した後、建物を見学。明治の遊郭建築を堪能。周辺は赤線地帯。関東とはまったく違う商形態に唖然。その後失礼とは思いながらも難波の甘味屋に向かう皆さんからは離脱し、一人念願の尻無川の水上バーへ向かう。去年も水都大阪で訪れたが、夜時間が無く、店に入ることが出来なかった。やっとリベンジの時が来たのだ。

本日3回目の大正駅・尻無川アゲインだ。大正駅から徒歩5分ほどでこの倉庫を転用したリバーサイドBARに到着。目印は四角いトラス橋と入口の防潮扉だ。この一帯はSUNSET2117をはじめ、潮気のある趣味性の高い店が何店か並んでいる。このちょっとしたコミュニティー感がいいんですよね。
f0206739_2041995.jpg

f0206739_2043328.jpg


入口はこの素っ気なさ。
f0206739_205238.jpg


船外機とパドルのディスプレーがお出迎え。
f0206739_2051326.jpg


トレーラーハウスなんかもあってやばい雰囲気。
f0206739_2053284.jpg


わくわくしながら桟橋へのタラップを渡る。
f0206739_2054985.jpg


意外と普通のスタッフ。わざわざ来た経緯を店員さんとお話し、ボンベイサファイアを一杯オーダー。
親切に隅々までご案内いただき、お店の歴史なんかも聞かせていただき来てよかったです。
スポーツ用品店を経営していた初代オーナーは亡くなっており、現在は息子さんがオーナーとのこと。
初代オーナーはあの鳥人間コンテストを企画した人だと言っていた。またコアな船好きだったとのこと。
見れば解りますよ、この雰囲気。
f0206739_2064495.jpg

f0206739_2071956.jpg

f0206739_2073528.jpg

f0206739_20212297.jpg


やはり大阪でも水上スペースはここしかないようです。もちろん船で来店出来るところもここだけ。夢のような水辺のスペース。作りすぎていない放置感が水辺の隠れ家風でいいですね。既得権のなせる技でしょう。

ベネチアの水上タクシーと同じ木造船でのチャータークルーズもやってるそうだ。これも乗ってみたいねー。もちろんマイボートで遊びに来てもいいんですよ。
f0206739_208461.jpg


去年の水都大阪の対象地区から外れていたこの水域。こんな水域こそが僕らが求めている水辺なのに
やはり行政主導やアーバンデザイン的な表向きの水辺との乖離は大きいことを実感。こんなフリーダムな水辺は消えゆく運命にあるようだ。
ちなみに対岸はこんな瓦倉庫の並ぶ水辺。
f0206739_20174939.jpg


大正駅周辺や尻無川流域は何度来ても面白い。今日のクルーズ後もみんなで散策したのだがまだまだ足りない。いつの日かまた来よう。
[PR]

# by canalscape | 2010-10-30 20:29 | 水辺のレストラン