Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 02日

2012年 年始のご挨拶

f0206739_13533929.jpg

新年あけましておめでとうございます。昨年も水辺を介してたくさんの出会いと繋がりがありました。ブログにアップできていない数々の貴重な出来事があったので、半年前の事をオフシーズンの冬の間に書くかもしれません(笑)。今年もいろんな方々のエッセンスを吸収し、新たな展開に発展することを願っておりますのでお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

さて、今年の水辺年賀状。辰年にちなんでツインドラゴンのような「東京ゲートブリッジ」。今年の2月12日に開通とのこと。辰年は大型土木工事の竣工が多い傾向にあると聞いたことがある。世界最大の客船「クインメリー2」もくぐれて、羽田へ着陸する航空機の航路から規制されている高さ制限から選択された高さを抑えたストラクチャーがユニークな形状をもたらしている超巨大構造物である。もはやこの巨大構造物が似つかわしい経済成長は期待できないが、それに代わる新たなビジョンを掲げ、小さな事象を大きく長く未来に繋いで行くことを願いたい。

もっとも、経済成長に代わる共同体としてのビジョンを提示することは簡単では無いが国家、都市、企業、家族、個人というそれぞれの単位で模索せざるを得ない状況であることは間違いないと思う。まずは、個人とBOAT PEOPLE Associationという小ユニットでの小さな活動において都市の水辺というレイヤーを軸に何らかの問いかけをしていけたらと思う。残念ながら家族や企業という単位は保守的でありかなり遠い道のりになりそうなのだが、潮目は確実に変わっている。まずは、視界不良の目標物の無い海面にあってどう航路を設定するべきか。場合によっては風まかせ潮まかせに漂流してみるのも手かもしれないが小さな手がかりをつてに次の寄港地を設定し繋いでいくしかないのだろう。効率は極めて悪いが必要なのはトライ&エラーである。それら試行の断片から次なるきっかけを掴みたい。そんなわけで今年もいろんな分野の方と水辺や舟運から都市生活について話しあいたいと思います。
[PR]

by canalscape | 2012-01-02 13:34 | 報告・挨拶