Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 15日

品川宿の木造長屋街区

随分前の記録だが紹介しておきたい。ことによるともう解体されているかもしれませんが、昭和初期の面影を残す長屋街が2009年3月時点ではまだ残っていました。時間のある夏休みに写真整理してたら思い出した。
f0206739_1882328.jpg
f0206739_189236.jpg

運河に沿った街区。護岸の石垣や植栽の風情がいいですね。
f0206739_18173676.jpg
f0206739_18175628.jpg

このあたりは旧東海道品川宿に近く、品川浦という猟師町だったエリア。旧目黒川の河口の名残を残した入江になっており、屋形船の船宿が今でも現役で稼働している。
品川操車場跡地の再開発によって建てられた、超高層オフィスやマンションや高度成長期の都営北品川アパートがすぐ近くまで迫っており、東京らしいなんともエキサイティングな景観となっている。このスケール感の違う街区と時代の混在が東京景観の最大の魅力と思う。
f0206739_18271234.jpg

f0206739_1812879.jpg
f0206739_18123477.jpg
f0206739_181253100.jpg
f0206739_18135084.jpg
f0206739_1814436.jpg

f0206739_18183632.jpg
f0206739_18185059.jpg

運河の十字路の対岸には以前紹介した倉庫街を再開発した天王洲アイルが立地し、運河ルネッサンスによる水辺の再開発なども見ることができ多様な時代の断面をこのエリア一体で垣間見ることができる。参考エリア地図
さて、この長屋街だが、再開発の波に洗われ、すでに一部がマンション開発用に更地になり、一部は駐車場になってしまっていた。撮影時点で家屋の大半が空家となっており、近い時期に解体されるのだろうと思う。
f0206739_18154633.jpg
f0206739_18162141.jpg

運河や船溜まりに隣接したエリアにこんな木造長屋と路地の街区が辛うじて残っていたとは。こんなエリアはせめて低層高密度で当時のスケールを残しながらの再開発をするべきと思うし、このままで耐震補強し商業やゲストハウスへの用途転換などして使用しても十分面白い。品川の観光資産に十分なりえたと思うのですが何ともならなかったんですかね?東京都の運河ルネッサンスの重要景観地域なんですがね。言うのは簡単、やるのは大変なのは判っているが残念だ。
[PR]

by canalscape | 2010-08-15 18:19 | 船溜り・船小屋
2010年 08月 14日

真夏の川崎京浜運河工場クルーズ

7月の下旬に工場仲間数人で小型ボートをレンタルし川崎京浜運河の工場を見に行った。日差しはガンガンに強く、南風もやや強め、カメラ機材が潮をかぶってしまい大変な状況の中、興奮の3時間でした。

お馴染み川崎工場クイーン東亜石油製油所。真っ先に巡礼だ。相変わらずどの角度からも隙なしのプロポーション。でもなんか色が少し変わった?赤白鉄塔かな?
f0206739_1739898.jpg
f0206739_17401943.jpg

新日本石油の白いタンク。夏でもクールだぜ。
f0206739_17405965.jpg

お馴染み日本触媒。スラグと黄色い重機が素敵だ
f0206739_17413046.jpg

大好きな末広運河の工場。弩迫力!
f0206739_17415114.jpg
f0206739_17422815.jpg

日本治金の工場。このフラット感が巨大空母のようでたまらなくかっこいい。
f0206739_17453718.jpg

工場ビュッフェ浮島の工場達。時代の蓄積を感じる。
f0206739_17455690.jpg
f0206739_17462169.jpg
f0206739_17464777.jpg

廃墟のような静けさ漂う不思議な運河。知ってるつもりの京浜運河であったが見落としてたな浅野運河。
ジェットコースターのようなベルトコンベヤーが特徴的な工場だが、朽ち果てた河岸が散見され、まるで廃墟のような静けさが漂う。おまけに水深は極めて浅く、おそらくほとんど使われていないのではないか。対岸もJFEの工場用地だが深い樹木に覆われているのも不思議である。景観に配慮するような場所でも無いはずだが?この工場地帯のエアポケットのような水面。不思議な雰囲気だ。
f0206739_17474335.jpg
f0206739_1748417.jpg
f0206739_17481548.jpg
f0206739_17483059.jpg

三井埠頭。弩迫力、鉄鉱石運搬船
f0206739_17485280.jpg


春夏秋冬、朝昼晩。工場って本当にいいですね。
[PR]

by canalscape | 2010-08-14 17:58 | テクノスケープ
2010年 08月 11日

サンポート高松のフェリー達

サンポート高松発着の各種フェリー達
瀬戸内の島々にとっては無くてはならない重要なインフラ。
定点観測していると、頻繁にフェリーが出入りしていることに驚かされます。
いかに、瀬戸内には島が多く点在しているかを物語っています。
素朴なデザインのフェリーを使ったゆったりした旅はなかなか良いものです。
しかしながら、宇野~高松航路のような橋を使用しても行けるような場所間の
航路は風前のともし火のようです。
高速無料化などで、各地のフェリーの利用が減ってきてるようですね
仕事以外ではなるべくフェリーを使ってほしいですね。

女木島・男木島行きの小型フェリー
f0206739_15161044.jpg
f0206739_15162971.jpg
f0206739_15165381.jpg
f0206739_15171620.jpg
f0206739_15174176.jpg
f0206739_1518887.jpg
f0206739_15182165.jpg

直島行きフェリー
f0206739_1519125.jpg
f0206739_15193185.jpg

小豆島行きのフェリーオリーブライン
f0206739_15195246.jpg
f0206739_15201586.jpg

[PR]

by canalscape | 2010-08-11 15:22 | 舟運・桟橋
2010年 08月 10日

船で巡る旅 瀬戸内国際芸術祭 #女木島・男木島

前回の続き、3日目
赤い小型フェリーで女木島、男木島へ。最後にこのフェリーに乗れてラッキーだ。
こんなかわいらしいフェリーがインフラとして稼働しているのがほほえましい。がんばってもらいたい。
今日は猛暑の日曜日。女木島の海水浴場に行く地元の人たちがたくさん乗っている。
f0206739_14353464.jpg

鬼が島で有名な女木島はフェリーで20分ほど。島から高松港も見える近さなのだが、島は全く違った空気が流れている。女木島の民家は冬の強風オトシに備えて「オオテ」という石垣塀で囲われているのが特徴的。まるで沖縄のヒンプンのようだ。
f0206739_14362777.jpg
f0206739_1437493.jpg

高松から近いのだが、ここもご多分にもれず過疎の島だ。廃校になった小学校がギャラリーになっている。フェリーの客は大半が海水浴場に行くか、鬼の洞窟ツアーに行ってしまった。家族は洞窟ツアーに行かせ、僕は一人でゆっくり集落や港を探索。なかなか充実した時間。
f0206739_14381022.jpg
f0206739_14383443.jpg
f0206739_14385531.jpg
f0206739_14392669.jpg


「オオテ」は時代によっていろいろな石が積まれている。3mほどの高さまで積まれているが、そんな強烈な強風が吹くのだろうか?想像のつかない風景が広がるのだろうな。船も航行できず、孤立する季節。島暮らしの真の厳しさには想像が及ばない。

鬼の洞窟ツアーから戻ってきた家族と合流して古民家カフェでランチ。この民家、四合院みたいにロの字プランであり、中心に石庭とアートがある。品よくアートと食と建築を組み合わせた空間。食事もとてもおいしかった。過疎の島にこんな素敵なカフェがあることに驚く
f0206739_1440207.jpg
f0206739_14403937.jpg
f0206739_14405459.jpg


ここも名残惜しいのだがフェリーが来たので男木島に向けて出航。
f0206739_14422919.jpg
f0206739_14425424.jpg

さあ、いよいよ男木島だ。船から急斜面に張り付いた集落の全貌が見えてきた。本瓦の屋根で統一された美しい集落美。自分だけが目立とうとする家や建築が出現すると瞬く間に崩れ去る美意識。強固なコミュニティー意識が無いと成立しない。上陸すると、早速急な坂道が現れる。坂を登っていくと次々と見事な石垣に載った木造民家が現れ路地の隙間からは海がと島々が見える。とても現代の日本とは思えない、なにかネパールの山岳集落のような濃厚な素材感がある。民家は門をくぐると前庭があり密度の高い空間が現れる。中に入ると窓から海が一望できる書院づくりの客間が。こんな民家がどんどん空家になっている現実。斜面が急なため、どの民家も窓からすばらしい眺望が望める。
f0206739_14504680.jpg
f0206739_14513643.jpg
f0206739_14522140.jpg
f0206739_14525556.jpg
f0206739_14531084.jpg
f0206739_1453513.jpg

噂によると集落の30%が空家だという。新しい血を入れなくてはならないが、ここに住めるのは特殊な仕事をもった人種に限られるだろうな。学校も休校目前だから子供のいる人も難しいかもしれない。
他の島でもあったが、後継がいても古い民家を嫌い建て替えてしまう住宅も何件かあった。
建て替わった住宅は、今までの民家とは遠く及ばない現代の一般住宅。断熱性や遮音性、水場の性能は向上しているのだろうが、それだけじゃないよね住宅は。とか外野が言っても伝わんないよね当事者には。この件は京都の町屋や東京の下町にも共通する問題。
古民家ゲストハウスにしたら面白いのだろうが、サービスや改修工事は大変だろうな。車は入って来れないし、スーパーももちろん無いからね。
f0206739_14544046.jpg
f0206739_1455981.jpg
f0206739_14553739.jpg
f0206739_14555553.jpg
f0206739_14561289.jpg
f0206739_14564015.jpg


この日の朝、ホテルから港までタクシーに乗り、運転手と話をした。彼は70歳になるという。高松で働いていたが、定年後は男木島に移住し船を持ち、大好きな釣り三昧の生活を夢見ていたという。空き家も多く民家一軒1月2~3万で借りられるそうだ。いよいよ移住しようとした矢先、奥さんが病気になった。病院も無い島暮らしは夢と消えてしまったと言っていた。あの島の場合足腰も相当しっかりしていないと住めないな。島暮らしは健康であることが大前提になる。近くても島はハードルが高いのだな。

話は変わるが、男木島の松本秋則「音の風景」はぜひ見てほしい。古民家とサウンドスケープの素晴らしいコラボレーションが堪能できる。
f0206739_14483863.jpg
f0206739_14485520.jpg
f0206739_14493017.jpg


それから中西中井の「海と空と石垣の街」も、斜面の路地や石垣という島の特性をうまく生かしている。
f0206739_14595374.jpg
f0206739_150986.jpg

f0206739_1504636.jpg
f0206739_151278.jpg

もう帰りの時間になってしまった。せめて一泊はしてみないとだめだな。島中ゆっくり散歩してみたい。天候季節によっても刻々と印象は変わるだろう。アートイベントを介してこんな素晴らしい集落に出会えたことに感謝したい。
船でネットワークされた島々のアートイベントという壮大なプログラム
とても3日で見きれるものではなかった。次回機会があれば気になった島に1泊以上する旅をしてみたい。きっと新しい発見があることだろう。
なんか今回はプログラムを消化するだけのダメな旅の典型になってしまった。
どうもプログラムが豊富な企画は、ホテルのビュッフェで取り過ぎてめちゃめちゃになってしまうのと同じような事態に陥ってしまう。テーマを絞りたいところだが、HPやネット情報だけではそれは難しい。再訪するしかないのだが、貧乏症で同じ所に何度も行くのもどうかと思う。何か、運河や舟運、サーフィンのように、繰り返し訪れたい何かが見つからないとなかなか行けないんだよな。
[PR]

by canalscape | 2010-08-10 14:43 | ART・建築・街
2010年 08月 10日

船で巡る旅 瀬戸内国際芸術祭 #犬島・直島

前回の続き。2日目も快晴だ。朝一のフェリーで直島へ。フェリーの方が揺れないし冷房利いてるしなんか楽だな。直島到着後船を乗り換え犬島へ。船のトランジットって新鮮。だが船でしか繋がっていない島。海が荒れると孤立する島の生活が想像される。
f0206739_13445394.jpg

しばらくして船から犬島精錬所の煙突が見えてきた。わくわくするな。いよいよ上陸。
精錬所美術館の手前に、葉山の海の家のようなキャンプが出現。すげーかっこいい。
開拓者のコミューンみたいな雰囲気だが映画のセットの様でもある。キャンプの向こうには木造足場の巨大スロープが。スタジアムへのアプローチだ。この舞台演出考えた人誰?すごいな。風景とのマッチングが刺激的。
f0206739_1341929.jpg
f0206739_1341572.jpg
f0206739_13422769.jpg
f0206739_1343620.jpg

三分一博志さん設計の美術館の中にあるカフェで一息。オリジナルの犬島ジンジャーを頼んだがすごくおいしい!疲れ取れる~。さあいよいよ柳さんのアートに対面。問答無用にかっこいい。このアートを中心にエコロジカルな空調システムと独特のランドスケープ、瀬戸内の風景を巧妙に繋いだ建築家の力に感服した。主張しすぎない建築。素敵だ。余談だが、ここにも中国人らしき旅行者が数多くいたが、日本語一辺倒で館内を案内していた。これでいいのか?内容が素晴らしいだけにしっかり言語でも伝えたいところだ。
f0206739_13513631.jpg
f0206739_1352820.jpg
f0206739_13524879.jpg
f0206739_13541145.jpg

精錬所をぷらぷらと散策後集落の方へ。時の人である妹島さんと長谷川さんのコラボ、犬島家プロジェクトを鑑賞。いかにも彼女達らしい作品群。ガラスのフィルター越しに見る民家やアルミの軽い屋根など、集落とは全く異質の素材と空間を埋め込んでいる。
f0206739_1404720.jpg
f0206739_1411142.jpg

f0206739_1425268.jpg

でも集落散策はとても楽しい。思いがけず、素晴らしい島の風景に出合える。CETあたりからメジャーになってきたアートを呼び水に町を回遊させる手法はまだまだいける。僕の場合、作品意外に発見できたものの方が圧倒的に楽しいし印象に残ることが多い事に気付かされた。アートは何かを発見するための切っ掛けに過ぎないようだ。
f0206739_1413564.jpg
f0206739_1414893.jpg
f0206739_142557.jpg

f0206739_143544.jpg
f0206739_1431975.jpg


さて、名残惜しかったが犬島を去り直島へ。娘の提案で自転車を借り本村へGO。
本村で3年前に行ったうどん屋さんで讃岐うどんをいただいた。相変わらず安くてうまかった。前回見た家プロジェクトや最近できた作品も訪問。帰る間際に川俣さんの向島プロジェクトを見に行ったがどれだかわからず。なんだか慌ただしい一日だった。
娘に大竹さんのアート銭湯 「I LOVE ゆ~」に入りたいとねだられたが振り切って
快適フェリーでゆっくり高松へ。今日は港でボサノバイベントがあるのだ。
f0206739_1473152.jpg
f0206739_148353.jpg


なんだか慌ただしく島を廻ってしまったことをやや後悔しつつ高松へ帰港
驚くほど頻繁に発着するフェリーターミナルをバックにボサノバナイト
定点観測していると本当にいろんな便が頻繁に出入りしていることに気づく。
高松港はフェリー王国だ。日没の美しい時間を船と音楽で堪能できた。
f0206739_1491176.jpg


次回へつづく
[PR]

by canalscape | 2010-08-10 13:55 | ART・建築・街
2010年 08月 08日

船で巡る旅 瀬戸内国際芸術祭 #豊島

2010年7月の21~23日まで高松を拠点に瀬戸内国際芸術祭を訪れた。
昨年の水都OSAKAに続き、船を絡ませたアートイベント。またしても北川フラムさんがかんでいる。
越後妻有でバスで巡るアート観賞という新鮮な経験をさせてもらったが、今回は船を使わなくては成立しない島めぐりの旅。BPAとしては行かない手はないよな。
全国的に連日の猛暑でこの日も明け方から恐ろしい熱気と湿度。今回の旅は日差しや暑さとの戦いになりそう。夏の島訪問、夏らしいのは望むところだがいくらなんでも暑すぎる。
以前直島は地中美術館や家プロジェクトを中心に訪れたことがあったのだが犬島やその他の島々は初訪問である。各島々への航路を見ると圧倒的に高松からの便が多いため今回は高松市内に宿泊することとした。ANAとWホテルのパックで1人2泊で31000円!安いな。でも地方のWホテル狭いし老朽化してるので覚悟していった。結果的には朝食スペースが最上階で市内を見下ろせる眺望であり、気持ちよく過ごせた。食事は安くシンプルでいいのだが自然光の入る朝食会場重要だよな。今回は、島の見どころが多すぎて高松市内を見る暇がなかった。丹下健三の高松市庁舎やその他モダニズムの良さそうな建築が結構残っているので見たかったのだが。イサムノグチの美術館なんかも行ってないな。前回は谷口吉生の美術館の中でも最も好きな丸亀美術館に数年ぶりに訪れたり、高松市港湾倉庫群をリノベーションした「北浜alley」などを視察する余裕があったのだが。

初日は朝一の便で高松に入り午前中に直島経由で豊島へ。高速艇でガンガン飛ばす。途中男木島の集落を見かけたが見事な斜面集落。これは見に行かねば。直島では埠頭のSANNAのぺらっとしたターミナルが出来ていた。さらに豊島へ。高速艇といっても、結局高松から豊島まで2時間弱かかった。遠いな!
f0206739_1327946.jpg
f0206739_13272579.jpg


豊島到着。暑さによる汗と潮風で体中べたべた。汗だくのアート鑑賞開始。
離島らしく24時間の水上タクシーなんてのもあります。
f0206739_133099.jpg


まずはバスで荒神社へ。暑い夏の日この湧水を祀った神社がとても良かったです。
f0206739_13303567.jpg


作品鑑賞後歩いて「島キッチン」へ。集落の中の古民家カフェを中心にビレッジのような食空間が点在している。庭で数々の催し物が開催されるらしい。泊まりでゆっくりみてみたいものだ。ここで出る野菜は全部島でとれたものらしい、100円で生の野菜をそのままもらえる。おいしいですよ。
f0206739_13314013.jpg


この集落は緩やかな斜面に張り付いた感じ、路地の隙間から見える海や石塀の石積みが美しい。石垣の組み方が独特で繊細なヘリンボーン柄。
f0206739_13323718.jpg
f0206739_13325690.jpg

昼食後は藤浩志さんの藤島八十郎ロッジへ。廃屋をセルフビルドで絶賛改修中だ。リアルな島暮らしライブを垣間見ることができる。廃屋の2階からは本瓦で統一された美しい集落と海と瀬戸の島々が一望でき、島の一員であることを強く意識出来る。島暮らしの家ができるプロセスを公開しているあたり、藤さんのスタイルを感じる。藤さんは3月の東京アートポイント+BPAの共催イベント「BO菜」にも来ていただいたのでご挨拶したかったのだが、学生?に取り囲まれ、次から次へと来客が来ていたので、バスの時間もあり挨拶もせず失礼した。
f0206739_13335035.jpg
f0206739_1334567.jpg

ポルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」はさすがであった、スタッフの制服までそれらしく演出されており完成度高い。人里離れた美しい海辺のロケーションも牧歌的であるが逆に静かな恐怖感をあぶり出す。心臓音が人によってこんなにも違うものなのかと驚かされる。美しいビーチを眺めながら心臓音を聴く。規則的な気の遠くなるような鼓動の連続で僕らは生きている。生と死を身近に感じ、人間も自然の一部なのだと認識させられる。シンプルで強烈な作品。
f0206739_13343998.jpg


もう少し島の集落をゆっくり見て廻りたかったが、バスと船便の時間を考えると駆け足で廻らざるを得ない現実。でもゆっくり見て廻らないと記憶が飛んでしまうな。緩やかな無駄な時間が旅には重要だと改めて認識した次第。泊らないとダメだね。
帰りも2時間かけて高松へ。
f0206739_13353962.jpg
f0206739_13355191.jpg
f0206739_1336569.jpg

[PR]

by canalscape | 2010-08-08 13:25 | ART・建築・街
2010年 08月 01日

住友重工横須賀工場 「グラフィック編」

造船所続き。楽しみ方はまだまだあります。
時間の経過や鉄の浸食、塗り重ねられた塗装が偶然にも味わい深い
オブジェに。
f0206739_1272279.jpg
f0206739_1275668.jpg

造船所や巨大船にはこんなカラフルなグラッフィックが隠れてます
広い海でサインを明確に主張する機能から発達したのでしょうか?
f0206739_1281850.jpg
f0206739_1283356.jpg
f0206739_1284740.jpg
f0206739_129997.jpg
f0206739_129265.jpg
f0206739_1293665.jpg

[PR]

by canalscape | 2010-08-01 12:14 | テクノスケープ
2010年 08月 01日

住友重工横須賀工場 「造船工場編」

だいぶ間が開いてしまったが、造船所の続き。
塗装工場など上屋もなかなかの味わい深いパーツが。
なんともアナログ感漂うディテールと素材の数々が素敵だ。
中間色のカラフルな色遣いが、化学石油系や製鉄系と違った雰囲気。
f0206739_1139336.jpg
f0206739_11484361.jpg
f0206739_11485676.jpg
f0206739_11491092.jpg
f0206739_11493863.jpg
f0206739_11495526.jpg
f0206739_1150829.jpg
f0206739_11502574.jpg
f0206739_11504453.jpg
f0206739_1151862.jpg
f0206739_11511931.jpg
f0206739_1151345.jpg

[PR]

by canalscape | 2010-08-01 11:56 | テクノスケープ