Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

東京湾最後のフロンティア(中央防波堤埋立処分場視察メモ)

12月某日、東京アートポイント森さん、渡辺さん、壁写真家の杉浦さん、映像作家の高橋さん、BPAの計9名でマイクロバスをレンタルし中央防波堤埋立て処分場に遠足に出かけた。来年度に船で島に上陸する企画が可能かどうかと面白いかどうかの視察のためだ。
秋までは東京へのオリンピック招致計画で、中央防波堤内側埋め立て地を会場に設定しており、都のお抱え建築家となった安藤忠雄の「海の森プロジェクト」キャンペーンの一環でU2のボノ招いてこの地に植樹をしたりと派手なパフォーマンスで一躍有名になった埋め立て地だ。アート業界でもトーキョーワンダーサイト(以下TWS)が環境というテーマでアーティストに作品を発表させていたりする。その他土木的にもドボク的にもレインボーブリッジの2倍の長さを持つ巨大橋「東京港臨海大橋」が若洲から架橋され、現在架設工事が佳境でありオリンピック落選前までは東京一盛り上がっているエリアと言っても過言ではなかった場所である。しかも、この埋め立て地、標高が30mもあるとか。地形地図カシミールで見ると確かに標高30m前後を示しており湾岸エリアのどこよりも高い丘を有している。
そんなこんなで、去年の秋にはドボク御一行様で見学ツアーを実施したこともあるようだ。
この島は、メタンガスが立ち込め、毒性の高い汚水が排出されているような危険地帯である、ある程度人数を集め都のツアーに予約をしないと視察できないため、気軽に上陸できるような場所ではない。杉浦さんに予約いただいたのだが、僕らは、このツアーで想定されているカテゴリーのいずれにも該当しないため、外国人の団体ということでエントリーしたらしい。僕らのような団体が見学に訪れるのは想定外なのだろう。
この中央防波堤は最終処分場と言われており東京都最後のゴミ埋立地となっている。最終処分場とは言え、ゴミが増えなければ約50年は埋められるようだが、今後もゴミを縮小させ出来る限り延命させることが重要なミッションとなっている。また、現在どこの区にも属しておらず、江東区と大田区で協議中とのこと。今や東京湾最後のフロンティアと言える場所である。
f0206739_15562345.jpg
f0206739_15563770.jpg
f0206739_15571087.jpg
f0206739_15572728.jpg
f0206739_1557428.jpg

地中のメタンガスを抜くパイプ。腐食してボロボロだ。
f0206739_15575851.jpg

新海面処分場。東京最後の埋立風景。
f0206739_15581363.jpg
f0206739_15582654.jpg

このゴミ埋立地。中央の防波堤を挟んで内側埋め立て地と運河を挟んで外側処分場(埋立中)および新海面処分場にて構成されている。僕らが関心を持っているのは、ゴミ処分の最前線外側処分場だ。荒涼としたゴミの山や埋め立て最前線が広がっており、期待を裏切らないどころか、想像以上のランドスケープである。荒涼とした地平の遥か向こうに東京の摩天楼が陽炎のように揺らいでいる光景は圧巻。また埋立地の中で標高30mの存在感は思った以上の地形を感じさせ、ランドアートへの可能性を感じた。アーティストにとっても申し分ない景観だと思う。
すでにTWSでは津村耕佑のFINAL HOMEを絡めたり大巻伸嗣の「絶景」などが発表されている。

f0206739_1611323.jpg


僕らはノルマンディー上陸ではないが、船による中央防波堤上陸作戦を検討したいと思っている。物理的に着岸可能な桟橋は確認できたのだが、港湾局や清掃局などの各種官庁協議が難航しそうだ。上陸を阻むものはバリケードでも地雷でもない、官庁協議だ。
また、毒性の強いエリアのため、車から下りての行動も難しそう。上陸後の展開で何が出来るのか?いずれにしても船で島に上陸するというロマンを中心に組み立てることになるだろう。
この中防周辺だが、日本最大の物流拠点に囲まれている。上空は羽田着陸の旋回ポイントとなっており、常に低い高度で飛行機が大きなカーブを描いている。また航路を挟んだ対岸には大井埠頭の大型ガントレイクレーンが立ち並ぶコンテナヤードと巨大コンテナ船を見ることができる。さらにその背後には湾岸道路と近代的な一大倉庫街が立地している。中防は若洲からこの大井埠頭に抜ける東京港臨海道路のほか、第二航路トンネルが臨海副都心から大井まで抜けており、陸送の中継地点でもあり、陸海空の一大物流ジャンクションとなっている。なお現在、国際化を目指し、アジアのハブ空港を目指す羽田D滑走路の工事が進められているが、その工事拠点が実は中防外側処分場に立地しており、ここから通船で羽田に向かっているのには驚いた。この島から東京を見渡すとすさまじい都市の物流とその果ての消費と廃棄を感じずにはいられない。去年見たドキュメンタリー映画「今ここにある風景」サブタイトル エドワード・バーティンスキー:マニファクチャード・ランドスケープ「CHINA」に通ずるものがある。
思い起こすとBPAが保有するLOBも潮見のゴミ処分施設にゴミを運搬していた艀であったものを転用したものだ。係留場所問題で、いまどのように最期を迎えるのか苦慮しているところである。アートの世界では少ないながらも係留の機会と転用による第2の人生を見出せたのだが、日常的な係留問題は解決できず多額の解体費を支払い廃棄処分するしか道がない状況だ。結局スクラップアンドビルドが最も合理的な手段であるよう、日本の社会は組み立てられているように感じる。今、ユニクロに代表されるようなファストファッションが最高益を上げているという。中国による安価な生産に支えられたグローバルな市場開拓と物流。相変わらず大量生産と大量輸送、大量消費その果ての大量廃棄処分のサイクルは健在だ。僕もユニクロでよく買い物をするので当事者なのだが、こんなことで良いのかと自問自答しつつ、尊敬するパタゴニアではなく安くて使いやすいユニクロに足が向く。大掃除で大量に物を捨て、一段落した今そんなことを思いながら年末を迎えている。

今年は家族の健康も会社の仕事もBPAのクルーズ企画も順調で良い一年であった。イベントに参加いただいた方々には感謝!来年も新しくて面白い水面利用を実施できるといいな。
相変わらずの不景気だが来年も希望を持って迎えたい。良いお年を。
[PR]

by canalscape | 2009-12-31 15:21 | テクノスケープ
2009年 12月 14日

LIFE ON BOARD 東京低地クルーズ(江東区臨海部編)

前回続き【LOB東京低地クルーズ Cコース:江東区臨海部エリア
朝潮桟橋から午後便の出航。越中島桟橋同様とてもわかりづらい場所にもかかわらず、参加者はほぼ時間通り集合した。使うかどうかわからないが、E-BOATを曳航して出航。何か知らんが予定より人数増えてないか?意外と満員だ、まあいいか。
朝潮運河のいかだ組合の水上住居を横目に一路臨海エリアへ。
江東区臨海部は昭和初期より急速に埋め立てられて広がったエリア。標高はゼロメートル以上あるエリアだが、しっかり外郭堤防と水門でガードされている。
低地の微地形は目視ではわかりづらいため、本クルーズではカシミールという地形地図を用意した。標高ゼロメートル以下の地形は本来拾ってくれないのだが、元永さんというその筋では有名な方がカスタマイズしたアンダーゼロメートル地形図をベースとした。
実はLOBクルーズでは壁写真家で地図マニアでもある杉浦さんに何かとお世話になっており、今回も手持ち資料の地図作成をお願いした。外郭堤防と水門で低地が守られているのが判る地図と埋め立ての経緯が判る資料、それと木場の貯木場が判る明治時代古地図を入れることをお願いしたところ、すぐさま資料を集めてくれた。もともとは地上絵で有名な石川初さんの作られたものらしいが、彼女の多様なネットワークから大変クオリティーの高いマップを短時間でまとめてもらい大感謝である。おおまかな方針を伝えるだけでBPAが好きそうな情報を集め、デザインまでしてくれる人ってそうそういないですよね。ついでに中央防波堤ツアーの手配までしてもらっており、お世話になりっぱなしである。
f0206739_0331527.jpg


この臨海埋立地。高度成長期までは、工場や倉庫、造船所が立ち並ぶエリアだったが、8年ほど前から超高層マンションと巨大ショッピングセンターが林立する新しい東京の風景を象徴するエリアに激変した。しかし今でも細々と港湾らしい施設も散見される。造船所、橋梁、LOFT、水門、船舶用ガソリンスタンド等、昭和的港湾風景も健在だ。
f0206739_0403088.jpg

豊洲運河に面する未利用の貯木場、まるで都市のアリーナだ
f0206739_040504.jpg
f0206739_041332.jpg

こんな昭和な造船所が今も現役で!
f0206739_0414619.jpg

佐野造船という、チーク材でヨットを作れる造船所
f0206739_04295.jpg
f0206739_0425922.jpg
f0206739_0431843.jpg

大山総裁のジャケットとマフラー橋と同じ色だ。まさか狙ってた?
f0206739_0433852.jpg

結局、貯木場も船溜まりも、正式には立ち入り禁止となっているため今回のような公式イベントでは立ち入ることは出来なかった。残念無念である。荒涼とした業務船溜まりから見る浮かれた東京風景は何とも奇妙な感覚をもたらしてくれる不思議な場所だ。この周辺にはその他、新木場貯木場などの平水面があり、鏡のように平らな水面と超高層や高架鉄道・首都高との対比に妄想が広がる。貯木がされていない貯木場はガラーンと美しい水面をもてあましている。
今回は入れなかった12号貯木場。中は業務船船溜まりになっている
f0206739_0375838.jpg

こちらも立ち入り禁止の14号貯木場、まだ現役稼働中の製材所があります。スロープが特徴的
f0206739_0381418.jpg

BPA活動の初期段階で制作したBARGE Village模型
f0206739_036543.jpg
こんな場所にバージ船を転用した水上空間を集積させ、フローティングヴィレッジを形成させたらいいのにと、5年前から提唱している。カフェやシアター、ホテル、浮庭園etc。様々な機能を持ったバージ船が有機的かつ自然発生的に増殖する感覚。物理的には低予算ですぐにでも実行できるものだ。問題なのは、公的な水面をいかにして占有利用するか。作ったはいいが、マーケットになりえるのか?なにも商業利用でなくてもいいだろう・・・。未経験の領域のため課題は山積だが、法的問題を別にすれば地上の不動産事業よりはるかに軽やかに展開できる可能性がある。これを僕らは「浮動産価値」と呼んでいる。ヒューマンスケールを逸脱したタワーマンション街区にこのような自然発生的でアジア的とも屋台的とも言えるヴィレッジを挿入していくことは意味のある行為と思う。
このような都市水面に棲む「LIFE ON BOARD」という妄想からBPAの活動は始まっている。クルーズもマッピングもバージ船転用実験も断片的ながら水上生活への具体的なアクションの一つなのです。

そんなこんなで、立ち入り禁止水域が多く不本意であったが、建設中の巨大橋 東京港臨海大橋を大山総裁の解説付きで鑑賞しつつ帰路についた。日が短くなった。暗くなる前に戻らなくては。
f0206739_0455832.jpg

今回も横浜キャナルクルーズのリピーターの方が数多く来ていただけた。常連の一人で造船都市今治の船大工から船塊という船のお守りをもらってきた方がおり、BPAに寄贈いただいた。
また、ドボク系からも参加いただきありがとう
今回も大きなトラブルはなかったが、今後も無事故でスリリングな企画を実施していきたい。参加の皆様長時間ありがとうございました

以下参加いただいた方のblogを紹介させていただきます。
http://mechapanda.seesaa.net/article/134462480.html

http://d.hatena.ne.jp/tamura38/20091209/p1
http://ameblo.jp/tomo-2006/entry-10401037202.html
[PR]

by canalscape | 2009-12-14 00:49 | クルーズイベント
2009年 12月 13日

LIFE ON BOARD 東京低地クルーズ(深川ゼロメートル地帯#2)

前回の続きで、今回は【Bコース:E-BOAT大横川・西支川大島川・仙台堀川コース】紹介
こちらも午前中に開催し約2.5時間のE-BOATクルーズ。以前井出の勤めていた地域交流センターの繋がりで、長谷川さんや、浜田さんがセッティングしてくれた。特に浜田さんとはBPA結成されてが初めてBankART NYK「食と現代美術」というイベントに参加した時にもE-BOATを手伝ってもらった。その時以来の5年ぶりの再会、元気そうでなによりです。
f0206739_1722318.jpg
さてこちらのコース大島川水門でAコースゼンフリートから別れて極小水路へ、マニア的ハイライトは東京一低い茂森橋(AP2.3)の通過だ。潮は中潮の上げ潮、満潮1.5時間前に通過予定だ。さあどうなることやら。今回一番の人気であったBコース、もちろん水門の佐藤さんに対抗して茂森橋攻略に興奮してる輩は大山総裁や壁の杉浦さん等ごく少数で、ほとんどの参加者は軽やかなカヌーで、より水に近い視点から都市水面を感じたいという健全?な嗜好からだ。4年前僕は欠席したのだがBPAと海洋大で企画したクルーズの時はくぐれず引き返したらしい。今回一度下見をしたのだが、仙台堀川や帰りの大横川など単調な護岸が直線で延々と続くため結構飽きが来るかと心配していた。本当は旧中川や北十間川の方が楽しいんだけど、Aコースとの絡みがあるし・・・。そのくらい、ここらの水路は単調だ、散策路と桜並木があれば良い環境というバカの一つ覚えのような河川空間の作り方にはうんざりする。おまけに周辺建物は見事に団地とマンション、オフィスばかり。ごくたまに古い倉庫や古い鉄橋があるのが救いだ。そんな中でも西支川大島川は狭い上に不法係留船が連なっており、なかなか魅力的な運河だ。鉄橋も歴史的価値のあるものが多い。周辺は戸建の民家が多く、住環境と水面が割と近いのが魅力だ。しかし相変わらずのコンクリート護岸とアルミのフェンス。ご丁寧に護岸一皮をメンテナンス通路にしている。こんな可能性を秘めた水路を台無しにしてくれる。

f0206739_17262672.jpg

下見当日は、大潮のちょうど満潮少し後、茂森橋は見事に水没。さすがAP2.3だ、満潮時本当に30cmくらいしか隙間が無い。こんな橋本当にあるんですよ。イベント当日の潮は中潮満潮前。どんなものか・・・。しかし、他にコースは無いしやってもらうしかないな。
f0206739_1727113.jpg


当日、僕はAコースに乗るため、残念ながら成行きを共有出来なかったのだが、結果的にすれすれクリアー出来たとの報告。BPAメンバーから、やはり仙台堀川は単調できつかった、茂森橋をくぐるところで結構盛り上がったよと聞かされた。横浜や日本橋でもそうであったが、橋くぐりは老若男女結構盛り上がるのだ。橋通過後は和気あいあいと楽しく大横川水門までこぎ切ったとのこと。時間も間に合い本当に良かった。本当は2馬力ボートで伴走し、場合によっては曳航し写真もばっちり撮りたかったのだが、途中でエンスト。ちょっと残念。今回はE-BOATに乗った千葉大の小林君撮影の写真を提供いただいた。彼の写真は実に良質だ。最近はほぼ毎回乗船してくれている。船の魔力にはまったか?以下小林君実況写真。
混沌の西支川大島川、この先になにがあるのか。
f0206739_17284389.jpg
f0206739_172858100.jpg
f0206739_17291830.jpg

さあいよいよ茂森橋だ、レッツ・テイクオフ
f0206739_17294033.jpg
f0206739_17295765.jpg
f0206739_17301289.jpg
f0206739_17303142.jpg

おバカな大人たちに子供もにんまり、攻略おめでとう。
f0206739_17312271.jpg
f0206739_17322291.jpg


無事帰還、お疲れさまでした。
f0206739_17324714.jpg


参加者の皆様のblog紹介させていただきます。
http://blog.livedoor.jp/sohsai/archives/51620920.html
http://ameblo.jp/tomo-2006/entry-10400271055.html


追加告知:マニアパレルから茂森橋 A.P.+2.3 Tシャツが発売されるらしい購入希望者はこちらのサイト参照ください。舟好きしかわからないA.P表示がそそります。
f0206739_48121.jpg

[PR]

by canalscape | 2009-12-13 17:35 | クルーズイベント
2009年 12月 13日

LIFE ON BOARD 東京低地クルーズ(深川ゼロメートル地帯#1)

11月28日(土)BPAと東京都文化発信プロジェクト室が共同開催する東京の水辺リサーチクルーズ@東京アートポイント 第2弾「LOB東京低地クルーズ」を開催。前回7月にCETと開催した日本橋川、神田川、亀島川クルーズに続いてのクルーズである。その後約5カ月も間が空いてしまったが、その間横浜キャナルクルーズを頻繁に開催していたため、ちょうど良い頃合いでの開催となった。今回は、午前に江戸時代より、掘割が碁盤の目状に整備されていた深川周辺を、午後に江東区臨海部埋立地周辺の水辺をリサーチした。特に深川周辺は、ご存知の通りいわゆるゼロメートル地帯といわれる低地。現在では外郭堤防と水門で強固に治水されているエリアである。なぜか、このあたりはあまり行く機会がなく実はなじみの薄い水路だったため今回ぜひリサーチしたいエリアであった。LOBを新木場に係留している都合上、馴染みのある江東区臨海部と合わせて、計6時間あまりのロングクルーズ企画を開催することにした。江東区の水辺の印象はやはり水門の存在感が大きい。水門は東京の運河全体の印象を決定付けるランドマークの一つとなっている。この水門のある運河だが、前回亀島川同様、水面と陸地が非常に近い状況を作ってくれる。今回は、閘門(ロックゲート)という水位の違う運河を繋ぐ治水装置を通過し、まったく水位変化の無い親水性の高い運河を航行するプランも盛り込んだ。このような水域はアムステルダムの港湾再開発ボルネオ・スポールンブルグ地区のような極めて親水性の高い住空間を成立させる可能性が高いのだ。
その他、深川周辺の運河は橋が低く今回も利用したゼンフリートのような平べったい船でも潮が合わないと航行できない状況のため、E-BOATという10人乗り手漕ぎボートを2隻投入し、狭くて浅い水路を航行した。
この2つのプランを2.5時間の枠内で纏めなければならず、コースと時間配分、使用桟橋の選定が問題であった。江東区の運河には昔就航していた水上バス乗り場桟橋がまだ残っており、それをなんとか利用したいと思っていたが、江東区や地元の団体主催のイベントではないため交渉できず、場所が不便極まりないのだが、民間利用に解放されている越中島桟橋と午後から使用できるトリトンスクエア近辺の朝潮桟橋を使用することにした。しかしながら、この桟橋、E-BOATなどの利用に想定されておらず、別途E- BOAT用に桟橋の使用許可を取るのも厄介な話であるため、動力船で曳航して途中で切り離し、帰りに再度ピックアップするという荒技で乗り切った。動力船のコースと同じ時刻にミートできるようコースを作るのがポイントであった。
以下コースごとの印象と今後の展望を整理してみた。
f0206739_2361898.jpg
f0206739_237323.jpg


Aコース:小名木川・扇橋閘門・横十間川・東京スカイツリー
今回江東区の運河の特徴であるパナマ式閘門を体験を入れたいと思った、扇橋閘門か荒川ロックゲートがあるのだが、個人的には景観を意識し重厚な歴史建造物風にデザインされた荒川ロックゲートより、インフラ然とした赤くてデザインレスな扇橋閘門が正しい水門・閘門の在り方のような気がしており断然好きなため、ここを通過することをまず最初に決めた。その後、荒川に行くか、横十間川を北上して北十間川に面した東京スカイツリーを見に行くか選択が分かれるのだが、これまた個人的嗜好で荒川ロックゲートよりも東京スカイツリーよりも、水位変動のない横十間川の素朴でおおらかなな水辺を見せたくてこのコースで決定した。このようなランドスケープは潮位による水位変動があると実現しないのではないだろうか?実に興味深い。残念ながら、動力船では北十間川は航行できないため、同じコースを戻ってこなくてはならないのが面白くない、今後東京スカイツリーの竣工と同時に前面の親水公園が整備されると思うのだが、ぜひ舟着き場も設置しクルーズ船の回遊性を考慮したプランニングをしてもらいたいと強く思った。
さて、その他このコースの見どころは、まずは集合場所の越中島桟橋。このあたりは、江戸時代から埋め立てられており、ここが大川(現隅田川)河口であり重要な立地であったようだ。現在は公園となり民間利用できる公共桟橋が設置された。歴史的にはとても古い場所なのだが、その痕跡を見つけることは難しい。しかしこの桟橋周辺って駐車場も無ければコンビニの一つも無いんですよ。今回初めて使ってみたけど都市の孤島ですね。この桟橋から出航し、隅田川を遡り大横川河口の大横川水門にてBコースのE-BOATグループをリリース。

f0206739_2403279.jpg
f0206739_2405746.jpg
f0206739_2423593.jpg

f0206739_3205437.jpg
動力船はさらに隅田川を遡り、小名木川水門を通過し小名木川へ。この掘割の歴史も古く、江戸時代より旧利根川(現荒川放水路)から木材や酒などを、市川塩浜からは塩を小名木川経由で江戸に搬入していた。
そんな訳で、この周辺には高度成長期まで物資をストックする倉庫が連なっていたようだが、今はところどころにひっそりと倉庫や工場が残っているのみで、大方は団地や高層マンションに変わっている。護岸もコンクリートと落下防止フェンスで単調かつ整然と整備されており、なんとも味気ない水路となっている。川沿いに桜並木があり遊歩道も整備されている典型的な近代水路空間なのだが、カフェの一つも無く、なんともドライな印象である。また、直線であることもよりそう感じさせるのかもしれない。
周辺には特に見るべきものもなく、扇橋閘門に到着、さっそくゲートが閉まり排水が始まる。思ったより水位調整が早い。その後、荒川ロックゲートまで、水位変化の無い水面が続く。クローバー橋の運河の十字路を左折し、横十間川に入ったあたりで水辺の作り方がガラッと変わる。


f0206739_2472981.jpg
f0206739_2514091.jpg

f0206739_9514730.jpg
f0206739_9521039.jpg

f0206739_1013616.jpg

f0206739_953688.jpg

f0206739_2521263.jpg

コンクリートと柵の単調な風景から一変し、木製遊歩道とアシやその他植生が生い茂る水辺となっている。愛想のない鉄製の土留もかえって新鮮に見える。ここは、橋も十分高くとられており航行が楽なのだが、墨田区に入ると途端に浅瀬が多くなり、水深ぎりぎりの航行となる。この川は水位変化が無いため、レガッタ用ボートハウスや旧水上バス乗り場の桟橋も何件か立地し、ヒューマンスケールな施設が点在しておりやりようによってはかなり楽しげな親水空間を形成できる可能性を感じられた。現状では古い工場が一件あるのみで周辺はやはりマンションばかりでカフェの1つもない単調な風景である。ただ、釣り人や写生をする人などが数多く水辺に出ており、近隣住民に親しまれていることは感じられた。
北十間川に出ると、急に川幅が狭くなり、動力船の航行ができなくなる。周辺には古い団地や木造アパートが立地し、昭和の雰囲気が色濃く残るエリアである。面白そうなのでこんどは陸地を歩いてみよう。
さて東京スカイツリーを狭い川幅の隙間から拝んで折り返し帰路へ。北十間川はなかなか魅力的な水路で東に進むと旧中川に出る。これを南下すると荒川ロックゲートに出て一周できるのだ。5年ほど前にE-BOATで航行したことがあったが、当時は野生の水路でワイルドな体験ができ刺激的であった。また旧中川は周辺にレガッタボートハウスが数多く立地しており、大変親水性の高いエリアであった。今も変わっていないのだろうか?
帰路に向かった頃、E-BOATに伴走していた2馬力ボートからエンジントラブルの連絡が入った。そろそろ最低橋である茂森橋を通過していなくてはならない時刻だ。今は中潮の満潮の少し手前。相当きわどいはずだ。
くぐれなかったらどうしよう。まったく企画倒れだ。今回最大の心配事である。
しばらくして、通過成功との連絡があり一安心。あとは時間内で大横川河口でピックアップできるか。

f0206739_954950.jpg

f0206739_9502171.jpg

動力船ゼンフリートは順調に元来た水路を戻ったのだが、横浜や日本橋のように説明するべき景観がほぼ皆無でガイドがとても苦しいコースであった。地形的にもゼロメートル地帯もビジュアル的インパクトが実地で感じられないし、水路は直線だしでどうしても単調になってしまう。、目に見えない歴史的な解説をするしかないのだろうか?
予定通りの時刻に大横川に到着。すでにE-BOATは待っており、時間はこちらとぴったり一致したようだ。めでたしめでたし。

次回は、Bコースについてと低地マップについてのメモとしよう。
それにしてもブログアップ遅すぎだよな。なんかいつも時間がないな。
以下とっくに参加者の皆様がすばらしいレポートをアップしてくれてます。たのもしい。
http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20091128/1259451680

http://mechapanda.seesaa.net/article/134284096.html
[PR]

by canalscape | 2009-12-13 02:07 | クルーズイベント