Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 21日

知られざる浦賀ドックの魅力

f0206739_0123947.jpg
JIA日本建築家協会主催で住友重工㈱浦賀ドックを見学する機会を3月1日に得た。
以前お世話になった東京ワンダーサイトの今村館長もパネラーとして参加されるとのことで、インフォメーションがありお伺いした。工場内を見学後保存活用についてのシンポジウムがあった。横浜でおなじみの北沢先生が横須賀・浦賀の造船ドックの歴史について紹介してくれた。なんと日本最古の本格的石造ドックって、以前横須賀軍港クルーズで紹介した横須賀米軍基地内にあり、現役で稼働しているようなのです。完成は明治4年というから大変驚きだ。周辺に昭和初期に完成した6号までのDry Docksが存在しているとのこと。米軍基地の市民開放日などに拝める可能性があるようだ。空母GWと共にぜひ訪問したいものである。


f0206739_0131063.jpgさて、会場の浦賀ドックだが明治32年に完成したレンガ積みドックで全長178m幅21m深さ11mある。レンガ積みドックは日本に2例しか実績がないとのこと。このドック用のクレーンも魅力的なのだが、老朽化のためアームが外されているのが残念である。その他周辺にコンクリート製の比較的新しそうなDryDockが2か所ほど設置されている。また、ドックに近接して建っている上屋だが、この内部空間も大変素晴らしい。工場同様、鉄の細やかで生々しいディテールの集積と巨大な空間のコントラストがたまらない。
このドック、浦賀の入り江の最奥部に位置し、軍事施設であったため町に対して閉鎖的に構成されている。浦賀の街は海に接しているのに、この閉鎖的なドックによって水辺を感じることは難かしい状況である。また、造船業の中心が瀬戸内海に移ってからは、工場が廃れていくのと並行して、浦賀の街も過疎化していったようだ。


f0206739_013299.jpg話が脱線したが、シンポジウムではこの貴重な近代化遺産を再生して過疎化している浦賀の再開発の目玉にするにはどうしたら良いのかというのがテーマ。横須賀市の構想としては、浦賀の町の中心部に位置する住友重工敷地の売却話が出ていたため、ここを再開発し、浦賀の特徴的な入り江形状を有効利用した回遊性のあるウォーターフロント開発を行い、ホテルやコンドミニアム、ヨットハーバー、などのバブルのころよく見たパースを描いていたようだ。しかしながら、昨今の景気悪化や世界的な低成長時代への突入を考慮すると、もはや絵に描いたもちであるのは明白である。そこで、昨今ブームである近代化遺産に現代アートを介入させたプログラムに白羽の矢が立っているのである。造船所を利用したアートイベントの事例は実は世界的にも数多く存在している。有名なところではアムステルダムの造船所を不法占拠していたアーティストたちが勝手に増殖していき、アートビレッジを形成しているNDSM。今は組織化され立派な観光資源となっている事例。国内でも大阪の名村造船所を会場にしたアートイベントの開催等アーティストにとっても大変魅力的な空間であるのは間違いない。あとは、有能なアートプロデューサーを捕まえれば、イベント活用程度なら十分可能だろう。しかしながら、BankARTのような恒常的利用となると相当難易度の高い話となるようだ。これだけ巨大な施設利用となると、メンテナンス・ランニング費用が莫大なものとなる。海と船と工場を愛するBPAとしても大変魅力的な空間である。このまま寝かしておいても仕方ないので、まずは東京からのボートツアーで、海から上陸するドック見学ツアーを開催したいところである。これならまったく設備投資なしで魅力的な企画ができると思うのだが、また例の旅客船業の法規で縛られてしまう。何度も書いているが、本気で舟運や水面利用を活性化させたいのであれば、この法規のハードルを下げるべきと強く思う。いずれにしても、現況住友重工の施設となっている限り、今後どうなってい行くかは未知数である。不況のおかげでマンションや巨大なショッピングセンターが建ち並ぶことは無さそうだ。企業も土地利用の在り方についてパラダイムシフトを迫られている。
こちらに浦賀ドック写真をUPしておきます。
[PR]

by canalscape | 2009-03-21 23:13 | テクノスケープ
2009年 03月 14日

高架下線形空間ツアー

f0206739_0172395.jpg高架下建築本(大山顕)の出版を記念して、高架下建築ツアーが実施された。浅草橋から新橋までの高架下を約4時間歩き続けた。参加者はなんと約50人、大盛況である。東京も随分成熟した都市になったのか?都市整理公団のワークとしては実によい対象だと思う。
高架下建築とは土木構築物である鉄道高架橋脚の隙間を埋めるように挿入されている構築物等を指す。構造的に自立しているとは言い難く、橋脚に依存した空間である。もちろん建築基準法などどこ吹く風である。橋脚自体も実に多様な形式が混在している。隙間に挿入されているファサードのみの高架下建築も同じ橋脚形式の中でも多種多様なスタイルで存在しており、一覧すると実に混沌とした状況であった。


f0206739_0175522.jpg用途としては、店舗、住宅、倉庫、事務所、車庫、VOIDとあらゆる用途が高架に沿って、延々と混在している。特に高架下建築解体後のVOIDは生活の痕跡が壁画のように残っており、まるでインドの石窟寺院を見ているような迫力がある。店舗の看板や倉庫のサインも、昭和の空気をそのまま保存したような雰囲気。よくぞ残っていたものだと感心する。なぜ10Kmにも満たない短い区間にこれだけ多様な形式を形成するに至ったか
高架下空間の利権や生成の歴史が気になるところである。おそらくアメ横同様に戦後の闇市などがベースになっているのではないだろうか?なんとなく運河の船溜まり同様、不法占拠後の既得権の集積のように見えてしまう。都心に残された、時間が止まった空間、昭和的空間の一種だ。


f0206739_0184343.jpgまた土木と建築の融合、というだけでなく鉄道の軌道に沿った線形空間であることも大きな魅力だ。露地、水路、パイプライン、線形の空間体験は実に楽しい特に有楽町から新橋までの高架下ナショナルマーケットなどは見るというより感じる空間体験であり、純粋にシークエンスのみが存在している異世界である。ぜひ一度1人もしくは少人数で体感することをお勧めする。
[PR]

by canalscape | 2009-03-14 23:09 | 土木遺産