Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:船溜り・船小屋( 9 )


2011年 05月 23日

弁慶橋ボートハウス

赤坂プリンスをチェックアウト後、客室の窓から真下に見える桟橋、以前から気にはなっていたが訪れたことのなかったボート小屋に行ってみる。
f0206739_039180.jpg

都心の真ん中に緑豊かな水辺を有する江戸城外堀の一部である弁慶堀。弁慶橋のたもとになんとも味わい深いボート小屋と桟橋がひっそりと佇んでいる。水の出入りがほとんど無いため、水面は藻で覆われてしまっており、かえって水の持つ生命力、自然の力というものを強く感じる。
f0206739_0401094.jpg

桟橋に降りてゆくと周辺の地盤より3mほど下がり、街を下から見上げるポジションとなった。水面が近づくと気温が下がり水の匂いを感じ、街の喧騒も若干だが遠ざかる。都市河川を船で航行するときにいつも感じている異界感が少し立ち居地が下がるだけで得ることが出来る。
f0206739_0411013.jpg

すでに小学生の先客達がボートを出しており、ルアーフィッシングに昂じている。どうやらブラックバスがいるようだ。都心のど真ん中にも野生は確に生息しているのだ。

とてもステキな朽ち方をした桟橋から家族とボートを漕ぎ出すとなんともいえない浮遊感に包まれた。水面から見上げる見慣れた光景。なんとも新鮮な感覚を得ることができた。娘は初めて乗るボートに興奮気味である。自分にも漕がせろとうるさいので、指導してオールを預けた。ふらふらしながらも船は進む
僕も手こぎボートなんか乗るのは何年ぶりだろう。
f0206739_0434272.jpg
f0206739_0435739.jpg


ボートハウスは意外にも若い方が管理していた。ゆったりとした時の流れるボート小屋の管理人ってちょっとあこがれる。
ここもちょっと手を加えればステキな水辺カフェが出来ると思うのだが、今みたいな穴場になっているのもまた魅力的である
身近に隠れたヒーリングスポットとしてお勧めである。施設HPはこちら
f0206739_0443493.jpg

[PR]

by canalscape | 2011-05-23 00:47 | 船溜り・船小屋
2010年 08月 15日

品川宿の木造長屋街区

随分前の記録だが紹介しておきたい。ことによるともう解体されているかもしれませんが、昭和初期の面影を残す長屋街が2009年3月時点ではまだ残っていました。時間のある夏休みに写真整理してたら思い出した。
f0206739_1882328.jpg
f0206739_189236.jpg

運河に沿った街区。護岸の石垣や植栽の風情がいいですね。
f0206739_18173676.jpg
f0206739_18175628.jpg

このあたりは旧東海道品川宿に近く、品川浦という猟師町だったエリア。旧目黒川の河口の名残を残した入江になっており、屋形船の船宿が今でも現役で稼働している。
品川操車場跡地の再開発によって建てられた、超高層オフィスやマンションや高度成長期の都営北品川アパートがすぐ近くまで迫っており、東京らしいなんともエキサイティングな景観となっている。このスケール感の違う街区と時代の混在が東京景観の最大の魅力と思う。
f0206739_18271234.jpg

f0206739_1812879.jpg
f0206739_18123477.jpg
f0206739_181253100.jpg
f0206739_18135084.jpg
f0206739_1814436.jpg

f0206739_18183632.jpg
f0206739_18185059.jpg

運河の十字路の対岸には以前紹介した倉庫街を再開発した天王洲アイルが立地し、運河ルネッサンスによる水辺の再開発なども見ることができ多様な時代の断面をこのエリア一体で垣間見ることができる。参考エリア地図
さて、この長屋街だが、再開発の波に洗われ、すでに一部がマンション開発用に更地になり、一部は駐車場になってしまっていた。撮影時点で家屋の大半が空家となっており、近い時期に解体されるのだろうと思う。
f0206739_18154633.jpg
f0206739_18162141.jpg

運河や船溜まりに隣接したエリアにこんな木造長屋と路地の街区が辛うじて残っていたとは。こんなエリアはせめて低層高密度で当時のスケールを残しながらの再開発をするべきと思うし、このままで耐震補強し商業やゲストハウスへの用途転換などして使用しても十分面白い。品川の観光資産に十分なりえたと思うのですが何ともならなかったんですかね?東京都の運河ルネッサンスの重要景観地域なんですがね。言うのは簡単、やるのは大変なのは判っているが残念だ。
[PR]

by canalscape | 2010-08-15 18:19 | 船溜り・船小屋
2010年 02月 21日

Tokyo Floating Village

先日のTYハーバーで開催された東京アートポイントとBPAによる共催トークイベント「水辺を開く アートで開く」で現代美術家の宇治野さんの提案で、晴海トリトンスクエアに面するこのいかだの上に築かれた水上集落に廃材でやぐらを組みあげる提案があった。美術や哲学に疎い僕がコメントすると見当違いになりかねないので作品のコメントは割愛するが、個人的には数ある東京の水辺でこの場所に着目していることに共感した。
Mapはこちら
f0206739_19413937.jpg

f0206739_1943922.jpg
f0206739_194416.jpg
f0206739_19442941.jpg


この朝潮運河に面する月島・勝どき・晴海周辺はもともと明治中期以降の埋め立てで出来た完全な人工島でその上に細い路地を碁盤の目状に配置した町屋が立ち並んだ石川島造船所の労働者のための借家街であったことがルーツであったようだ。この借家の街であったことが、江戸以降の先住民である佃の強固なコミュニティーとは違い、区画整理が進んでしまっている要因のようだ。詳しくは知らないが、面白そうな話だ。
その後、月島の町屋街区や勝どきの倉庫街は超高層街区に変容しつつある。このあたりの再開発風景で特徴的なのはヒューマンスケールの町屋や路地と巨大な超高層街区が隣接していることだ。結果、路地の隙間や町屋の屋根越しにこれら巨大建築が現れるため、極めてエキサイティングな都市景観を作り出している。またこれらの風景はこの20年くらい東京の現在を代表する風景として、様々なメディアや写真家の対象となっている。

f0206739_1952693.jpgf0206739_19522875.jpg


ご存じのとおり運河の船溜まりや水上建築物はどんどん排除する方向で行政は動いている。
陸上で、震災に脆弱な木造家屋の低層高密度地域や消防車の入れない路地街区を再開発して、広い道路と公開空地がちりばめられた高層耐火街区に変換させているのと同様の論理なのか?陸上の整備は地震大国であり元々は木造文化である日本の環境を考えると、否定できない部分もあるのだが、運河のそれは景観整備以上のものがあるのだろうか?
現在の運河は業務船の利用率は激減しており、夜や休日に屋形舟や遊漁船が運行する程度である。別に今のままでも防災上問題ないと思われるのだが。美観上好ましくないというのがその理由か?景観の良しあしの話であるのなら全くの見当違いだと個人的には思う。
それとも屋台が都市から排除されている論理に近いのかな?

自然発生的で増殖性が感じられる空間と新築時にきっちり計画され、増殖を認めない現在の都市計画基準に沿って建てられた再開発街区。ビジュアル的にも圧倒的な対比を見せている。整理されデザインされた高層街区も否定するつもりはないが、都市が均質化していけばいくほど、これらヒューマンスケールな空間はとても重要な意味を持ってくると思う。排除するのではなく、修繕し緩やかに自然増殖しつつ利用し続けることを考えるべきと思うのだが。そんな議論が起こる間もなく消えていくのだろう。
保存活用など水面の管理責任を問われる官庁にとっては、冗談じゃないということになるのだろう。問題の火種になる可能性のある空間は排除してゆくのは当然だと。とにかく問題が起きないようにすることが重要なんでしょうね。僕的には問題の起きない都市って、もはや都市とは言えないと思うし、どうせ違った問題が次々と現れるのだからそんな躍起になってリスクを潰すような整理をしていかなくてもいいじゃないと思うのですが、問題が起こってからでは手遅れなんです、あなた責任取れないでしょう?という話になるとどうしようもない。水辺が隙間なく手すりでガードされているのと同様の力学だ。この理屈は僕らの日常生活や仕事の中などあらゆる場面で現れ、当然のこととしてリスクの無い方向に動いてゆく。そのうちそれは無意識のなかに根付いてしまい、根拠のあいまいな「常識」として君臨し始める。こうなってしまうと異議を問うても話が膨らむことは困難だ。

この水上施設、以前は木材運搬業の業務船の船小屋だったようだが、最近では港湾局の管轄となっており2009年末まで、小型船舶免許の教習艇の発着所として利用されていた。一般公開されていないのは残念ながらも、何らかの形で継続利用されているのは素晴らしいことだと思っていたのだが今後は立ち入りを完全に中止し解体撤去する方針であるようだ。
その前に短期間アートスペースという最後の役割を担い最期を迎えることで
この有機的な水上空間が都市の記憶に明確に刻まれることは大変意味のあることのように思うのだが。現時点では縦割り官庁様にとっては全く関心が無いことのようだ。残念なことです。
[PR]

by canalscape | 2010-02-21 20:06 | 船溜り・船小屋
2009年 09月 27日

水都OSAKA探訪 #4( 尻無川の水上BAR)

まだまだ続くよ大阪編。そのくらい刺激がありました。
2日目の朝、前回書いた2006年のBankARTでの「大阪のひきだし出版記念パーティー」の際、吉崎さんからもらった大阪水辺MAPが大活躍。そこに載っていたなにやら怪しげで魅力的なにおいのする水上BARの紹介記事を発見。その名はSUNSET2117 LOFTリノベ店舗のような写真がありボートが係留されている。ここら辺は絶対面白いと思い、夜飲みにこうかと思ったが、パパどこ行くのー?の一言で撃沈。仕方なく朝一で訪問することにした。

f0206739_23365654.jpg
f0206739_23373762.jpg

場所は、京セラ大阪ドームの裏手。道頓堀川などのロの字運河から分岐している大正区尻無川周辺である。
このあたり、ゼロメートル地帯のようなエリアで川に沿ってカミソリ護岸が延々と続いている。古い木造長屋が軒を連ねており、細い路地の町である。巨大な京セラドームとの対比が未来的だ。
f0206739_23384995.jpg
f0206739_2339573.jpg

そんな大正区の町から堤防の上に上がると、尻無川と水辺の倉庫群や鉄道の鉄橋が現れる。どれもいい味を出しており、混沌とした昭和的光景であった。倉庫のいくつかは飲食店に転用されており、どれも小じんまりとした趣味性の高いお店のようだ。きっとテラスが川に面していて、ボートがつけられるのだろう。鳥肌ものですね。関東にはもう無いよなこんな自由を感じるエリア。昔の横浜はこんな感じだったそうだが、今は水辺に開いたデザインと称してがちがちに管理されている。どこがクリエイティブシティーなんだ?なんだかとことん大阪にやられている感じがする。

f0206739_23483172.jpg

この尻無川、町の入口にはどんな細い路地にも防潮扉が設置されており、堤防に沿って延々と青い防潮扉が連なっている。
f0206739_23451048.jpg

f0206739_23465751.jpg

川の対岸にはこれまた、中国に来てしまったような古い倉庫が軒を連ねている。向こうにも行ってみたいが家族連れでは時間がない。とりあえず川に沿って下流に歩いて行った。行けばいくほどいろんなモノが出現するので切りがない。
f0206739_23491913.jpg

変わった形の尻無川水門が見えてきたところで思い切って引き返した。google map を見るとその先に巨大な船溜りと倉庫街らしきものが見える。例の水辺マップよると、渡し船もあるとか!マジかよ行きてー。こんな面白い水門サイトを見つけました。この水門の動きがよく解ります。
今回は残念だがここで断念。待ちくたびれて怒り心頭の家族をなだめながら、予約している大阪城の水上バス乗り場に向かった。またいつか来れるかな。
尻無川周辺写真UPしました。
[PR]

by canalscape | 2009-09-27 22:37 | 船溜り・船小屋
2009年 02月 12日

新木場貯木場跡船溜りクルーズ

f0206739_237358.jpg
新木場貯木場跡地の業務船船溜まりに居候しているL.O.Bの様子を見にいってきた。ボートをチャーターし新木場へ。大山さんが同行した横浜からの曳航以来、約一年ぶりの対面であった。思ったほど荒廃しておらずほっとした。オーニングなどもしっかりされており、雨漏りも無いようであった。ただ、ビルジが相当溜まっているらしく若干船が傾いている、アカ出しが必要だ。とにかく元気でいてくれてうれしい。この船に乗り込むと不思議と気分がハイになる。
実は、4月から横浜某所に1年ほど係留できる可能性が出てきたのだ。近いうちまた横浜に向けて出航する予定。しかし、残念なことに今後はBPAの手から離れてしまう。BPAも確実に年をとり、皆結婚し、子供が生まれ家を持ったりとお金がかかるいっぽうだ。家族への配慮などを考えるとバージ船を所有する金銭的負担は重い。かといって簡単にスクラップ出来る代物ではない。そんな時タイミングよく都内で潮っけの強いBARを数件経営し、店舗インテリアの設計事務所も主催されている船マニアの資産家S氏が現れた。来年度の係留からはS氏の所有となり、S氏の設計で3回目の大規模な改修が行われる予定。BPAはバージの利用企画などを介して今後も関わっていくつもりだ。残念だがこれ以上の良縁はほかに無いだろう。


f0206739_2373162.jpgそんな経緯もあり、船の状態を見に行った次第。お昼は中でおでんを作って食べた、うまかったなー。ちょっとしたキャンプ気分である。周辺は業務船ばかりが集積する極めてワイルドな光景。港湾特有の軽油の匂いが一層雰囲気を引き立てる。都心にこんな昭和で時間の止まったようなエリアがあるのは驚きである。
ゆっくり見回すと、実に多彩な鉄の塊が横たわっている。潮による過酷な自然条件が鉄に様々な表情を刻んでいる。写真のネタが溢れており、同行した写真家の高橋さんは4×5でじっくり撮影していた。今日は日差しもあり穏やかで、実に良いクルーズ日和だ。日が陰って来たので、勝どきの運河に面した敷地に建設中のBPA岩本の設計物件を見て帰ることにした。


f0206739_23754100.jpgLOBに別れを告げボートで勝どきまで運河クルーズ。このあたりの水路も実に面白い。横浜とは全く違ったキャナルスケープが広がっている。水門が至る所に設置されている。今年は東京運河クルーズをやってみたい、見るべきものはたくさんあります。
勝どきは、水門で囲まれているため、水面と建物の距離が極めて近い。水辺マニアにはたまらない環境である。まっ白い岩本のマンションは立地を生かし、運河を感じられるよう大きな窓をとっている。安くは無いここに住む人はどんな人なのだろうか。
常々水辺に立地していながら、水面を無視している建築が多いのはどうしたものかと思う。
現在建設中の小生の物件も川側にテナントを誘致することにネガティブな意見ばかり出てまいっている。いつから日本人は街との関わり方がこんなに下手になってしまったのだろうか?なぜ都市河川を不快な環境と決めつけるのだろうか?不思議でならないがこれが世間の一般的な反応のようだ。皆、僕の川への熱の入れように不思議そうな顔をする。
都市河川クルーズはそんな昨今の日本の都市の現状を認識してもらうのに極めて有効な手法と考えている。来年度も何か新たな企画を実施したいな。
今回のキャナルスケープはこんな感じです。
[PR]

by canalscape | 2009-02-12 23:03 | 船溜り・船小屋
2008年 06月 30日

海辺の隠れ家

今日はひどい雨でR134が空いていた。鎌倉から三浦まで車でサクッと海辺の隠れ家を訪問してきました。男性誌の夏の特集タイトルのようなネタですが、本当にあったので感激しました。
事の発端は金曜にBPAメンバーと某水辺好き編集者とこれから面白い水辺ネタってなんだろうというテーマで飲んでいた時、BPA井出が今度灯台ばかり撮っている写真家の写真展を三浦の長浜の舟小屋を改修したゲストハウスでやるんだけどという情報から始まった。長浜(なはま)といえば、三戸浜と並ぶ穴場的ビーチ。地元か大学ヨット部出身者以外あまり知られていない。葉山のビーチならともかく、そんなところにそんなゲストハウスが存在するのか半信半疑で三浦に向かった。長浜駐車場から三戸浜方面に向かって浜を歩いて行くと、ドクロマークの旗が立っているという。それが目印らしい。ますます怪しい。おれは騙されているのか・・・・。あった!
ほんとにドクロマークの旗だ。おそるおそる中を覗いてみると、そこにはありえない光景が!船好き、海好きの夢を具現化した空間が、確かに存在していた。もちろんセルフビルド。詳しくはこちらHPを参照ください。
ところで、灯台写真展。撮影はここのオーナーとNPOとしてこの海辺の隠れ家を管理運営されている三野富士雄さん。アメリカの灯台を中心に撮影されているとのこと。きっかけはやはり、海好き、建築好きから始まっているらしい。あちらの灯台は、ユースホステルやB&Bなどに転用している事例が多いらしく、デザインも多様とのこと。うまく転用してお金を回しつつ、そこに棲み、灯台を守っているという。そこに棲む人や町ぐるみでの運営の物語がたまらなく面白いという。ちなみに、日本の灯台は海上保安庁の管轄だそうだ、当然、今時灯台守などいるはずもない。機械化された無人の構造物だ。ヨットでオーバーナイトを経験してみると、灯台の重要さを実感できる。何か所も見える、光の点滅と色を識別し、海図と照合する。それによって船の位置を確認し、舵を切るのだ。信号を読み間違えると大変なことになる。夜の外洋では光の信号が命綱となる。光のありがたさや機能についての価値観がまったく変わってしまう経験を得ることができるのだ。僕は、あの灯台の点滅を眺めていると、とても奇妙な感覚に襲われる。懐かしさ、癒し、不安・・・さまざまな感情が芽生えてくる。灯台のある風景。じつに奥深いテーマである。
[PR]

by canalscape | 2008-06-30 00:14 | 船溜り・船小屋
2008年 06月 22日

羽田船溜り再訪

f0206739_10551223.jpg久々にブログ更新です。本業が非常に忙しくなってしまい、とても書こうという気になれませんでした。本業のほうは、何かと話題のアキバの神田川沿いでホテルの計画をしている。こないだやっと、厳格化された確認申請を仮提出。ほんと無意味な厳格化は勘弁してもらいたいです。本ブログのテーマからは外れるが、都市河川に対しての積極的なアプローチを試みているので、近隣説明会後に機会があれば紹介したいです。
さて、こないだ、国交省による不法係留船及び工作物撤去後の羽田を再訪しました。きれいさっぱり撤去されているかと思いきや、残って欲しいものは見事に残っていました。素晴らしい!
撤去されていたのは、レジャー用ボートや不法投棄されている船舶などが主で、フォトジェニックな漁民管轄施設はほぼ残っていました。船小屋や木造桟橋などの工作物にはしっかり国土交通省発行の許可証が提示されていました。


f0206739_10555885.jpg2月の撤去ニュースや新聞記事などを見ると、根こそぎ撤去のような印象を受けましたが安心しました。20年以上水上の舟で生活し既得権を主張しているほんとのボートピープルがTVに出ていましたが、いまはどうしてるのでしょうか?近所の水辺に新たに杭を打設したくましく水上に住み続けてるとの報道も聞いていますが。
水上住居、意外と郵便物などもしっかり届き快適なようです。横浜の中村川にもはしけを改造した水上住居が数件頑張っていますが
やはり電気、郵便等しっかり届き居座っています。橋ができる前から係留されてるらしく、出ようにも出れない事情もあるようですが。横浜市はこのような事例がある限り、はしけ係留には神経質なのだとの話も聞いています。中村川の話面白いのでまた今度。


f0206739_10565082.jpg羽田周辺ですが、御覧のとおり、魅力的な舟小屋と木造桟橋が現役で頑張っています。ほとんど釣船関連の施設として使われています。川俣正的わくわく感満載です!
多摩川から京浜運河に抜ける細い水路があるのですが、そこは結構整理されていて、代わりに小型のマリーナ施設が計画されていました。徐々にきっちり清潔に管理していく方向のようでうが、景観的にはなんとも味気ないパースが掲示されていました。周辺写真はこちら。羽田地区はわくわくするような路地もたくさん残っています。昔のレンガ作りの堤防なんかもちゃんと残ってました。ランドマークとしての水門なんかも魅力的。多摩川の向こう岸には、ちらっとテクノスケープが見えるのもたまりません。羽田万歳です。
[PR]

by canalscape | 2008-06-22 00:40 | 船溜り・船小屋
2008年 02月 17日

子安浜親水集落

f0206739_235193.jpg
引続き子安周辺の運河探索。テクノスケープを抜けて橋をくぐり、首都高横羽線の下に佇む運河に出ると、タイムスリップしたような驚愕の風景が現れた。この運河、地図で見ると、首都高の表示に隠れていて確認しづらいが最も内陸側に位置している。おそらくこの運河を境にして、漁業の時代の海辺と近代化による工業地帯の埋め立地を隔てているのだろう。この船宿集落、その当時のコミュニティーが色濃く残っているのだろうか?このあたりの町名は浦島町というらしい。いまでは中国の田舎か、東南アジアに行かなければ見られないような親水性の高い集落となっている。ほんの5,6年前までは、東京の佃や古川河口の浜松町あたりにも似たような親水集落が残っていたが、今や綺麗に規格品住宅のような建物に立て代わっている。このエリアもそう遠くないうちに、変ってしまうのだろう。しかし、テクノスケープの奥に、これだけの大規模な船溜りが、バラック的船小屋と共に残っているなんて、誰が想像出来ようか。筆者は本当に感激いたしました。

f0206739_2361929.jpgこの船溜り、すごい数の船がありますが、稼働率はどの程度なんですかね。沈みかけた廃船も多数ありました。廃船の上にテントを架けたり、小屋を造ったりして、水上スペースを造っているものも。完全に違法建築?ですね。水際に建つ小屋はどのように使われているのでしょうか?人が住んでいる気配はありませんが、屋形船の準備をしていたり、植木があったり、大きな鳥小屋があったり、人の活動と生活臭はすごくあります。陸地も含めて、このあたり実に興味深いエリアです。今後陸からも探索したいですね。


f0206739_237456.jpgこんな親水空間、係留権付のまま、リノベーションして住宅や店舗、アートスペースにしたら、結構面白いスペースになりそうですね。自宅の前にマイボートを係留なんて、夢の住宅です。物理的には十分可能なのに。やはり係留権って売買出来ないんでしょうね。船舶はすべてマリーナで管理し、水路はすっきり綺麗にという方向は今ひとつ共感できません。船の無い水辺ってほんとつまんないですよ。このあたり、家業の相続などどうなっていくのでしょうね、ここもいずれは東京の運河のようにマンションだらけになってしまうのでしょうか。
[PR]

by canalscape | 2008-02-17 22:51 | 船溜り・船小屋
2008年 01月 02日

羽田の船溜り

f0206739_17324116.jpg多摩川河口付近の羽田船溜りの不法係留船や不法工作物が2月中旬に撤去されるらしい。どの工作物が不法なのかはよくわからず写真の桟橋が撤去されるとは限りませんが川俣正のランドアートなみに(言いすぎ?)野性的造形美のこれら工作物や係留船がもし本当に撤去されてしまったら、実に味気ない水辺となってしまいそうで残念です。


f0206739_173396.jpgこのような風景は環境デザイナーがどんなにがんばっても作れるものではなく、造園的に整備しても戻ってこない環境のひとつです。もっとも今の状況を快く思ってない方のほうがむしろメジャーで、その理由も理解しているつもりです。しかし、既得権などの権利や公共性、防災、不法投棄の問題とは別に、水辺のこれら自然発生的な工作物や係留船が作り出す価値について議論することもそろそろ必要かなとも思います。とにかく係留船のない水辺って、人気のない広場・公園くらい味気なく寂しい環境になるのは間違いないと思います。かといって、オブジェやパブリックアートとして眺めるだけの関係も白々しいのです。やはり、日常生活の一部として機能していないと。新規に整備するなら、舟運活性化と絡めてやらないとなと思います。詳細はわかりませんが、協議会にて水面利用のルールなど再整備しているようなので、今後も注目して行こうと思います。またMSNサンケイニュース記事がありますのでご覧ください。。

f0206739_17332656.jpg
[PR]

by canalscape | 2008-01-02 02:09 | 船溜り・船小屋