Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:水上ラウンジLOB13( 1 )


2010年 05月 30日

BARGE曳航-水上ラウンジLOB13が出来るまで#1

前回報告したような経緯により、残念ながら水上ラウンジLOB13は廃船になってしまったので、これを機会に記録をまとめておくことにしよう。LOB13はどのようにして生まれたのか?記憶をたどって僕の視点から見た記録を記述しておこうと思う。

以前、1.5年ほど井出が芝浦でひっそり開店させていた水上BAR 「Life On Board」を合法的に実現させようということがきっかけの一つになり結成されたBPA。はしけを利用した水上スペースを都内の運河のどこかに係留したいと運河マップを作りながら、夢想していた2004年冬。新聞にて、横浜港湾エリアで現代アートの国際展、ディレクターの磯崎新が辞退し、急遽川俣正に決定との記事を目にした。漠然とここに出せたら実現するんじゃないの?と半ば冗談で言っていた。だが、キューレターに芹沢高志氏ら3名が決まったところで話が現実に。
たまたまBPA坂倉が慶応大学で助手をやっていた関係で、P3の芹沢高志さんと繋がり、港湾エリアで開催される横浜トリエンナーレ2005に作品として艀を転用した水上ラウンジを出展することとなった。半信半疑のまま、急遽艀の手配が必要となった。当初リースを検討したが話がおりあわず、井出が探してきた江東区潮見の廃棄物処理業者が所有していた廃棄処分予定の艀を147,000円で購入することで決定した。さっそく下見、廃棄予定といってもまだまだ使える鉄の塊。あまりにも勿体ない。この値段で譲ってもらえたのはラッキーだ、彼らにとっても渡りに船だったに違いない。
ただし、条件は「二度と持ち帰って来るな、イベント終了後は責任もって速やかに処分すること」。心配そうな顔で何度も念を押されたのをよく覚えている。
この艀の購入がBOAT PEOPLE Associationが運命共同体的組織となるきっかけとなった。まさかその後5年も続くとは・・・。横浜トリエンナーレが終了したら解散するのだろうと思っており、その後何度も京浜運河を行ったり来たりすることになるとは全く想定していなかった。トリエンナーレ終了後のはしけの処遇についてはまったくの白紙であったが、僕らはなんだかわからない曖昧な可能性に賭けていた。
f0206739_19462463.jpg


2005年8月20日7:20芝浦の船溜まりでZEALの曳航船に乗船。潮見の造船所まではしけを引取りに行く。この頃からZEALさんは僕らのアホ企画につき合ってくれていた。9:00いよいよはしけを連結し潮見出航、京浜運河を一路横浜山下埠頭へ。米軍払下げのとても味のあるボートで曳航開始。辰巳水門から東京港に出た。さあ航海の始まりだ!
f0206739_19482525.jpg
f0206739_19484637.jpg

f0206739_19503557.jpg


艀に井出、坂倉、藤田、山崎のほか、その後何かと縁のある千葉大のM1桜庭が乗船、曳航ボートに現代美術家の酒井翠さん。陸上から岩本がビデオ撮影。余談だが酒井さんも作家としての活動を開始し始めたころで、BPAとほぼ同期生。後に第10回SICFでグランプリを受賞するがこの頃はまだ海のものとも山のものとも・・・(失礼)。僕らはこの時が初対面。なぜ彼女が乗ることになったのか?記憶が曖昧。坂倉が誰かの紹介で乗ってもらうことになったような気がする。ひらひらのロングスカートとサンダルの森ガールみたいな恰好で現れたので困ったものだと思ったのだが、波が高く炎天下4時間の中、舟酔いもせず意外とタフ。はしけがいたく気に入った模様。やはりアーティストなのか?やや不思議ちゃんという印象(笑)その後トリエンナーレ期間に1週間LOB13にてインスタレーションを行う。このころ既に彼女のスタイルが出来つつあった。まさかあんなに成功するとは思いもしなかったな。

f0206739_1952552.jpg
f0206739_19532758.jpg
f0206739_19535816.jpg
f0206739_19544787.jpg
f0206739_1955623.jpg


とにかく、この船旅はとてつもないトリップ感を与えてくれ、その後の生活観に大きな影響を与えてくれた体験であった。なんせ、業務船しか走っていない京浜運河をはしけで航行したんだぜ。ヨット部出身の僕でも大興奮だった。しかも周りはテクノスケープだらけ。国内でこんな自由を感じたのは久々だ。そんな8月の炎天下の中、白昼夢のような約4時間の船旅、途中難所の羽田空港沖で波が高く、ボートもオーバーヒートでエンストしたのだがなんとか復活。
f0206739_19572414.jpg

改修前の川崎の火力発電所。当時はまだ6本煙突が健在。
f0206739_19574252.jpg

f0206739_19582974.jpg


京浜運河に入ってからは順調に曳航し、13:00に横浜山下埠頭に無事到着。途中岩本が撮影している大黒大橋の向こうに横浜ランドマークタワーが見えてきたときにはみんなで万歳をしたくらいの大興奮。嬉しかったな。
f0206739_19584235.jpg

f0206739_19591347.jpg
f0206739_19593097.jpg

f0206739_200615.jpg


上陸後、トリエンナーレ事務所にて手配しておいた工務店と打合わせをし、現物のはしけを確認し見積依頼。水上ラウンジへのリノベーションキックオフ!最も楽しかった瞬間。

こちらに坂倉が編集した曳航動画があります。ごらんください。


次回はLOB13の制作について。
[PR]

by canalscape | 2010-05-30 20:21 | 水上ラウンジLOB13