Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 06日

20年ぶりの香港再訪

f0206739_1551868.jpg

f0206739_155593.jpg

f0206739_1572697.jpg
f0206739_1565544.jpg


年末、20年ぶりに香港を訪れた。今年の年末年始はまとまった休暇が取れ、子供の部活動も休みとあって、近場に旅行に行くには都合の良い状況であり、子連れのため時間的金銭的負担の少ない香港3泊4日旅行をすることとなった。20年前の1992年、当時私は大学の建築学科4年で同じく12月だったような気がする。空港はまだ啓徳国際空港で着陸は高層住宅スレスレにかわして滑走路に滑り込むという世界で最も着陸難易度の高い空港と言われていた。ネオンきらめく日没後に香港上空から高層住宅をスレスレに躱し、ビルの谷間の街路に溢れんばかりのネオンがぎらついている上空から右旋回でぐんぐん高度を落としていく光景はいまだ強烈な印象が残っている。事前知識がなかったので無数に組みあがる無法工作物に接触するのでは?747の機体はガタガタいっているし、いくらなんでもスレスレ過ぎる。コースを誤ったのではないかなど頭の中をぐるぐる駆け巡った記憶がある。右に旋回していくので後部右側窓側3列名の座席だったことも下界を見下ろすのに幸いした。
当時香港を訪れた理由は解体直前の九龍城砦を見ておきたかったこと、そしてこの天空に伸びる立体超高密度都市を体験しておきたかった事、さらに大好きだった沢木耕太郎の深夜特急で描かれていた、熱のあるアジア的混沌の都市をみたかったからだ。それともう一つ、鹿島出版会SDという都市・建築の専門誌で特集された東京大学大野秀敏研究室のリサーチをまとめた92年3月号「香港超級都市」という特集がとんでもなく魅力的だったからだ。これだけ行きたい動機があれば迷いはない。とにかく香港に行きたかった。ちょうどアイデアコンペの賞金でもらった10万円があったのでそれで格安旅行をした記憶がある。
すでに当時から漠然と水辺には関心があり、ランタオ島のタイオーという水上集落、香港島南西部アヴァディーンの水上生活者の棲む入江があることをSDで知り、優先的に訪問していた。当時はフィルム写真で記録は実家の納戸の奥に眠っているのだろうか?行方不明なのが残念なのだが、強烈な印象があり20年後どのような変化を遂げているか同じ場所を確認したくなった。日本の都市の水辺をかなりリサーチした後だと見方が変わっているのではないか?日本の港湾との比較という視点も楽しみにしていった。
f0206739_1593479.jpg

香港国際空港
f0206739_273518.jpg

道路をまたぐ国際金融中心のショッピングモール。アップル凄い人だかり
f0206739_2047100.jpg

今回はランタオ島の北部に位置する巨大な香港国際空港から安全快適に着陸。フォスターアソシエイツ設計。実はトランジットでは利用したことがあり、今回3回目。そこから高速鉄道で香港島中環に30分程度で滑り込む。超便利だ。さすがにバックパッカーのようなチョンキンマンションというわけにはいかず、香港島中環から西の上環よりさらに3キロほど西に位置する屈地街そばのトレーダーズホテルというビジネスホテルに投宿。グレードは日本でいうとREMMクラスか?すっきりしたモダンデザインが心地よく眺望もなかなかである。ホテルの紹介は後日まとめて紹介したいところだが・・・
当時数少なかったメトロ(MTR)は現在11路線にも増えていた。最新の2階建てバスもガンガン走っている。香港島中環には88階建てのタワービルを中心にシティーエアーターミナル機能と巨大なショッピングモールとオフィス、ホテル(フォーシーズンズ)を持った複合施設IFC(国際金融中心)ができており、香港の玄関口としての機能が象徴的合理的に計画されていた(設計はシーザーペリ)。当時話題だったIMペイの中国銀行ビル、フォスターの香港上海銀行ビルが色あせて見えるほど周辺には巨大なビルが林立していた。この分ではトラムやスターフェリーなど存在していないのでないかと思いきや、立派に庶民の足として活躍していた。この懐の深さが素晴らしい。香港の街を移動するのに現在5つの公共交通が選択できる。メトロ(MTR)、タクシー、ミニバス、2階建てバス、トラム。そして香港島と九龍を結ぶ手段としてはさらにフェリーが加わる。埠頭はメトロの駅と縦横無尽なペデストリアンデッキで結ばれており、スムーズに接続されている。そんなわけで空港以外は都市の基本構成は当然あまり変化していなかったが、交通インフラや建築は目覚ましい発展を遂げていた。そんな中でも特に便利に感じたのが香港版スイカ、八達通(オクトパスカード)。これにチャージしておけば小銭が不要。コンビニやショッピングモールなどあらゆるところで使える。外国人には大変心強いツールである。もちろん離島への高速船やスターフェリーにも使えます。
f0206739_2111265.gif
ただ、残念だったのは、大気汚染が酷かったこと。晴れているのに対岸の九龍側が霞んでいました。のどや目も半日で痛みが出るほどひどい状態です。冬季でこの状態だと夏はどうなっちゃうの?雨が降るからまだましなのか?いずれにしてもドン引きです。食材への不安もあります。上海蟹や魚介類の状況も怪しいものです。降った雨は海に流れますからね。
次回は情緒豊かなクラシカルな渡し船「スターフェリー」について紹介します。

◆参考資料

啓徳国際空港へ着陸する飛行機を地上から撮った動画
啓徳国際空港へ着陸する飛行機から撮った動画
啓徳国際空港についてのサイト

香港の交通機関について

[PR]

by canalscape | 2014-01-06 02:21 | ART・建築・街


<< スターフェリー「都市の日常とし...      2014年新年のご挨拶 >>