Chart Table

canalscape.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 17日

子安浜親水集落

f0206739_235193.jpg
引続き子安周辺の運河探索。テクノスケープを抜けて橋をくぐり、首都高横羽線の下に佇む運河に出ると、タイムスリップしたような驚愕の風景が現れた。この運河、地図で見ると、首都高の表示に隠れていて確認しづらいが最も内陸側に位置している。おそらくこの運河を境にして、漁業の時代の海辺と近代化による工業地帯の埋め立地を隔てているのだろう。この船宿集落、その当時のコミュニティーが色濃く残っているのだろうか?このあたりの町名は浦島町というらしい。いまでは中国の田舎か、東南アジアに行かなければ見られないような親水性の高い集落となっている。ほんの5,6年前までは、東京の佃や古川河口の浜松町あたりにも似たような親水集落が残っていたが、今や綺麗に規格品住宅のような建物に立て代わっている。このエリアもそう遠くないうちに、変ってしまうのだろう。しかし、テクノスケープの奥に、これだけの大規模な船溜りが、バラック的船小屋と共に残っているなんて、誰が想像出来ようか。筆者は本当に感激いたしました。

f0206739_2361929.jpgこの船溜り、すごい数の船がありますが、稼働率はどの程度なんですかね。沈みかけた廃船も多数ありました。廃船の上にテントを架けたり、小屋を造ったりして、水上スペースを造っているものも。完全に違法建築?ですね。水際に建つ小屋はどのように使われているのでしょうか?人が住んでいる気配はありませんが、屋形船の準備をしていたり、植木があったり、大きな鳥小屋があったり、人の活動と生活臭はすごくあります。陸地も含めて、このあたり実に興味深いエリアです。今後陸からも探索したいですね。


f0206739_237456.jpgこんな親水空間、係留権付のまま、リノベーションして住宅や店舗、アートスペースにしたら、結構面白いスペースになりそうですね。自宅の前にマイボートを係留なんて、夢の住宅です。物理的には十分可能なのに。やはり係留権って売買出来ないんでしょうね。船舶はすべてマリーナで管理し、水路はすっきり綺麗にという方向は今ひとつ共感できません。船の無い水辺ってほんとつまんないですよ。このあたり、家業の相続などどうなっていくのでしょうね、ここもいずれは東京の運河のようにマンションだらけになってしまうのでしょうか。
[PR]

by canalscape | 2008-02-17 22:51 | 船溜り・船小屋


<< 子安鶴見エリアの造船所      子安・鶴見エリアのテクノスケープ >>